宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


ワッツはまた聴けなくて
今日はどんな話をしたんだろうな?とHPを読んでいたら・・・

えー!
私が送ったメールが読まれてた!

聴けばよかったぁ
島崎をイメージする曲を質問したのは、私です(笑)

その日は、なんかドキドキしながらも、寝てしまったので
翌日、いつもアップしてくれてるところで、聴かせてもらいました


拓哉のあの声で、名前を呼ばれただけで、ドキドキする💕
嬉しい

万が一、読まれた時に名前を呼んでほしいから
ペンネームは本名にしてます(笑)

歳がバレたけど、拓哉の前では嘘をつきたくないので
実年齢を書いてます(笑)


斎藤工さんのインタビューで、
高梨をイメージしたプレイリストを作ってると読んだので
島崎をイメージする曲は?

「へぇ、こんなプレイリスト作ってるんだ」

「なんかタクミっぽいね、そういうところもね、真面目だし」

「リスト、うわぁ、聴きてぇ
現場で音楽を聴いてるようなところは目にしたことないですね」

「うわぁ、聴きてぇ」

「ラジオのリスナーからこういうメールきたんだけど
高梨のプレイリスト、今度聞かせてよって、今度LINEしてみよ」

「ホントにそれが存在して教えてくれたなら
その中から今度のワッツで選曲して、かけましょうか」


島崎章をイメージする曲は
「基本ロックじゃない?
あんまりスローテンポのものじゃないと思うけど」

「今、浮かぶ島崎章って言ったら、この曲かけましょうか」

The Beginning / ONE OK ROCK

拓哉、ありがとう❤️




はい、その他

ラブジェネのDVD&Blu-ray発売することは
「知りません」

あー確かに、今、ヒカリエがある所は、映画館だったね



「タクミが年に2回ロンバケ会をやっている」

「1話からぶっ通しで見るらしい」

「木村さんと出会う前からやっていることなんでと言われた」


斎藤さん、そんなにロンバケが好きだったとは。
なんか嬉しいね
そして今ではがっつり共演できて、よかったね



LINEの写真が反転してる

「えー?なんで?
普通に i Phoneカメラを起動して撮ってるだけ」

「なんで、反転するんだろう?」

カシャ(撮る音)
「あれ?反転してないよ」

「おかしくね?俺が一番わからんよ」

↑この言い方が可愛かった



台本の表紙の心理テスト

「あんまやんないですね、僕」

「珍しく答えたら、
心理テストの結果が『超、どS』」




演出補のスタッフと同級生というメール

「あいつ37なんだ?
あっくんって言うんだ?」

助監督でチーフ
「もっとも現場を仕切る重要なポジショニング」

「現場で絶対に前に進むんだっていう推進力なっている」

「お母さんが英語塾でしょ?って話かけてみよ」




GOOD LUCK!!に憧れて
パイロットの訓練生として就職試験にに合格

「これは非常にめでたいよね」

「いつか、操縦する飛行機に乗る日を楽しみにしてます」



GOOD LUCK!!で航空業界に興味を持ち
グランドハンドラーとして働いている

「飛行機を誘導してる人」

「こういう人たちがいてくれるから
快適な空の旅ができるわけですよ」

「手振ってくれてるからね
実は俺、毎回、飛行機の中から手降っている」


へぇ、そうなんだぁ
拓哉に手を振られたら嬉しいよね



最近、GOOD LUCKの話題、多いよね
なんかある?って思っちゃう
ま、それだけ影響された人が多いってことだよね



そして、なんと、今朝飛び込んできたニュース
島崎の元妻役に山口智子さん!
斎藤さんがロンバケ会のことをカミングアウトしたのも
そういうことだったのか





BG 4話

やっと休みだぁ
帰ると寝てしまうダメダメな毎日だったので
ワッツも聴いてないし
今日は5話だというのに、やっと4話をリピ



「なぁ、今のお母さんだろ?」
なんか普通のお父さんっぽくて萌える(笑)


「どんなアレなの?」
元妻の再婚相手のことを素直に聞けない島崎(笑)


瞬に「関係ねーじゃん、とっくに離婚してんだから」
と言われて、鞄を落とす島崎
ふふ、ショックなんだ


「10歳若くて、超カッコいい」という再婚相手
見てみたいわぁ(笑)

カーテン閉められ、地味に凹んでる
元奥さんに未練ありそうだね




交代させられた愛子先生のSP清田さん、なんか可哀想


ははっ
「高梨さんもそれなりにオッさんですから」
って言われちゃった(笑)



愛子先生の任務、SPに見られたら、それでおしまい
あ〜ドキドキする


おかしいと気付いた高梨だけど
自分で知らせずに、受話器を菅沼に突きつける
素直じゃないんだから、子供みたい(笑)



「前代未聞ですね、SPが対象者を見失うなんて」
お、高梨、やるじゃん



落合も大変だ、上司に「何もありません」と嘘の報告


検問だ、ドキドキ・・・
あれ?いない


そうか
警備員をしていた経験から、トンネルの地下での移動

「人生、無駄経験などないんですね」


雨水がしたたり落ちて、躊躇する愛子先生に
ジャケットを被るよう渡す
もう、この時点で、素敵って思っちゃう(笑)


そして、階段でコケそうになった愛子先生の腕を掴んで、助ける

いやん、スローモーション
まるで、恋に落ちた瞬間みたい(笑)


「他人じゃありません、クライアントです」
島崎はあくまでもクライアントを護るんだもんね


愛子先生が、娘に会いたいと、本当のことを島崎に打ち明ける
島崎なら信用できると思ったからこそ。


「一目だけでも顔が見たい
それが本当の依頼なんですね」
真の任務を理解した島崎

フォーマルな服装に真珠のブローチにネックレス
さすが、いつも色んなことに気付く島崎


「誰にでも人には言えない過去はあるものです」
島崎は自分の過去のことを思ったに違いない



主賓の会長に会った後「ご苦労様」と言われたけど
「私の任務はまだ終わってません」

そうだよね
娘に会いたいという真の任務を果たそうとするのが島崎

SPの車を教会まで誘導

愛子先生の涙に、涙
ジーンとしちゃった・・・

「島崎さん、任務終了です」



さっきから怪しい人は、凶
違う、あのサッカー選手だったのか



高梨は島崎のことを「案外好きなのかも」
「あ、そう?俺も好きだよ」

あら、相思相愛じゃん(笑)



「上手いじゃん練習したんだ?」
息子とコミュニケーションを取ろうとするお父さん


元奥さん、仁美さん
「瞬のこと、ちゃんと話さないと」
って自分が会いたいんじゃないかなぁと思っちゃった



次回も楽しみ
って、もう今日じゃん(笑)


LINEスタンプも買ったし、楽しい
何回もボイスを聞いちゃう





BG 3話

ついに、Jプロもネット写真解禁
でも無制限ではなく、会見や舞台挨拶などに限られるみたいだけど
それでもいいと思う

拓哉のBGのLINEも
プライペート安売りではなく、ドラマに関することだから、いいと思うしね




さて、3話

ネクタイ緩めて、ビールを飲もうとする仕事上がりの島崎


瞬はボディガードをしてるお父さんのこと心配だよね


課長は
島崎と高梨は気が合わなそうに見えるけど
いいコンビになると思って
わかってコンビを組ませたような気がする


言葉を発しないで目で指示する高梨(笑)


一億円が旧札だったことにも気づいていた島崎
いつも色んなことを注意して見てるんだなぁ


社長が落とした携帯、ナイスキャッチ


「あの子の夢を叶えるのも社長の使命」
島崎はそれをも守ろうとしたんだよね


落合が、愛子大臣の警護のこと「相性も必要」と
島崎に多少なり影響されてきてる


犯人に「そこにいる二人は」
と言われて同時に身を乗り出す島崎と高梨


風船が割れた時の島崎の瞬時の動き


「なんなら、素っ裸になりましょうか?」
なって〜と思ったことは内緒です(笑)


社長の両隣に立ってる島崎と高梨がカッコいい



「BGの任務は社長と一億円を守ることでしょ」

接触してきたチンピラはグルだと思った高梨と島崎
気があったねー

キター!!
島崎と高梨の「誤差なし」


かのんも騙されていたのか


中の人と違って、島崎は高所恐怖症なのか
ん?島崎の演技なのかな


なんで、鞄そこに置く?

あー!

見事な柵越え(関心してる場合じゃない)

犯人達も駆けつけ、それを狙ったのね


鞄を落として、犯人達が気をとられてる間に
自ら這い上がり

「追加任務できました」
次々に二人を捕らえる一連の動き、お見事



警察で、二人で黙秘してる(笑)


島崎のことをよく思ってないけど、辞めることは望んでない高梨
気になってしょうがないんだよねー


落合はなぜ、民間のボディガードをそんなに敵視するのか?


あーあ、おっさんがソファーで寝ちゃってる(笑)
可愛いなぁ

わざわざ、寝てるお父さんのサイドに座って食べる瞬

ソファーから落ちて「がふっ」って言ってる(笑)
爆睡だね


愛子先生、自ら事務所に依頼に来ちゃったよ
これもSPの目を盗んで来たんだよね、落合さーん(笑)


また、来週も楽しみ


BG質問

雑誌が山積みになってきた
ちゃんと中身を見ないと・・・



ワッツ

なんで、ネクタイ細いの?

「これは、今回着させていただいてる、そこのスタイルじゃないですか」



1話の最初のシーン、新海さんを意識したんですか?

「してないでーす」



中指に輪ゴム

「手の平の方をペコっとひっくり返すと
インカムのマイクを引っ掛けている」

「一番あれが自然なんですって」




シャツの右腹部に何か付いていた

「虫の刺繍が入ってます」

「共演者の中にも
何か付いてるとつっこんでくれた方がいらっしゃったけど」

「僕は全く気にせず、
落ち着く感じになってきたので、着させてもらってます」




走るシーン、キツそうに見えた

「トレーニングを開始して
久々にやり始めたなって時は、キツく見えないといけないので、
時間経過を表現したかったので、あぁいう感じになりました」


「あるおじちゃんに抜かれるんですよ
後日そのおじちゃんを抜くんですよ
細かいでしょ」


「そんなにキツくなかったかな」

「ベンチの板がはずれて、ケツから床に落ちるシーン
キツかったです。あれ、ホントに痛かったです」


このシーンは笑わせてもらったけど、痛かったよね




富川アナから感想メール

「いただきました」

以前、番組で一緒になって
「文の交換をすることになりまして」


「オンエアの次の日の朝、4時出発だったので
凄い数のLINEが来てるのは気付いていたんですけど
車中で皆さんからの感想を見たりしながら」

「現場は圏外で
下山したら、赤いポチがトゥルルルって入ってました」




永里選手

「下に降りてって
たくさんのマラソン選手が来ていただいてるなぁ、有難いなぁと話していたら」

「ちらっと見たら、一人だけ
やっぱ国の代表になってる人って普段から何か違うよね」

「何やってんの?
シーじゃないよ、来いよ」


「びっくりしましたけど、嬉しかったですね」

「一番右をよーく見ると、物凄いスピードで走ってる永里さんがいます」


このマラソン大会のエキストラに参加した時
私はわからなかったけど、永里選手が来てるって噂になってました(笑)




役作りについて

「現場で一通りしかない状態で行くのはないようにしてる
自分で考えていくのは
2パターン3パターン4パターンくらいのことは考えていかないといけないかな」


「壊れているベンチが前だった場合、落ち方が違ってくるし
後ろだとこういう感じになりますけど
監督とのコミュニケーションあって、毎回、形成されている」

「自分一人で作ってるわけではないので、
責任は果たさないといけないけど、
現場で自然体に動けた方がいいんじゃないかな」




ワッツの書き初めの字が綺麗

「別にきれいじゃないと思うんですけど
きれいっぽく見えるだけじゃないですか」

「制作発表でも
現場に行ったら書いてくださいって言われて
えーここで書くんですか?
約束と書いた」

「書って惹かれるますね」



ドラマについての質問
「鋭すぎる質問は事前に僕の方で守られていただきます」



さて、ワッツの内容ふまえて、またリピしよっと。




BG 2話

2話も面白かった
ハラハラ、ドキドキだけではなく、人間ドラマで感動もした



「裸足じゃ帰れませんよ」
最初からいい声💕


靴を手入れしてる背中💕


息子とのやりとりがいい

「ちゃんと片付けしておかないとGが出るぞ」

ひぇ、ゴキブリのことか(笑)


ジャケットを着て動きの確認していて、ぱっと振り返って
息子が見てないフリする
面白い!




「これでも歳だけは食ってるから」
それマイナスでしかないんですけど。と言われたけど、
その経験が生かされてくるよね



高梨が集めて壁に貼っていた写真の過去の島崎がカッコいい💕
っていうかストーカか?(笑)

「おっさん」と言われてるし。
そう言われると、何故か嬉しくなる(笑)



「片時も離れず、何処へでもお伴します」

こんなボディガードが付いたら、何処にでも連れ回しちゃう(≧∀≦)
わざと転んでみたり(๑˃̵ᴗ˂̵)
不謹慎ですいません(笑)



捨てられていた広告だったり
「いつも」お買い物してるらしい高級靴だったり
些細なことに気が付く島崎



菅沼とインカムで会話してるのが面白い



姿を消し違う出口から出てきた奥様を
「奥様、お車はあちらです」
とてもスマートな対応の島崎


不動産の男と会った後の奥様の様子がおかしいのも気付いた。
ボディガードは、警護対象者のどんなことにも注意を払ってるのね。
それは、元敏腕ボディガードだった島崎ならではだと思う



スキをついて逃げられた
まだまだだな、若いBGさん達(笑)

そこへ「どうした?」と島崎
おっさんBGの安心感


うろたえる菅沼達に
「責任なんて取れないよ!
うちらボディガードは一度失敗したら、業界より締め出されるらしい」

やはり、あの空港でのサッカー選手のボディガードの時にあった?


出た!「誤差なし」




あの不動産の男は、過去の被害者家族だったのか

きゃ❤️お姫様だっこ💕



邪魔するなと言われ
「しますよ、ボディガードですから」
落ち着いた口調の島崎


そして、流石のアクション

今回、多くの人がアクションを褒めていたみたいだけど
そういう人には「ロイド」や「無限の住人」も見てほしい



「その人も、その人も被害者なんだよ」
なんか、この言葉にうるっときた・・・



奥さんを部屋に促し
「奥様もご主人のバカなところを見たかったんじゃないですか」
と言った後の顔が凄く優しい顔で寂しげにも見えた



裁判官が本当の気持ちを語ろうとしたところを
「ここから先は奥様と」と何も聞かずに去っていく島崎がカッコいい


そして、裁判官夫婦のシーン、よかったな
感動しちゃった



最後、車で追ってきたのは愛子先生だった

SPに知られずに、会いに行きたい人って誰だろう?



「片付けてたのは、いつ死ぬかわからないから」
いつも反抗的な態度をとってる瞬だけど、そんなこと言われたらショックだよね
本当はお父さんのこと好きだと思うから。

「おやすみ」に対して遅れての「あぁ」
はにかむ笑顔の父親としての顔


何故、離婚したのか気になる〜


他のBG達も
とてもダメ警官だったとは思えない課長が、過去にSP落合と何があったのか
高梨は何故、自衛隊を辞めたのか
色々、気になる



そして、3話の予告!
橋の上のアクションをスタント無しでこなしたって報道があったけど
橋を飛び越えてる、ぶら下がってるよー

もう撮影は終了してるから、安心だけど、ハラハラだね




番宣色々

早く2話が見たいと思っていたけど、今日はもう2話


グッドモーニングで拓哉のインタビュー
「エレベーター開いたら瞬時に周りをバババって見て」
周りの状況を瞬時に把握したくなるクセになってると
職業病とのこと



Kiiteの発売日、郵便局に行きそびれ
売り切れだったとか、最後の一冊だったとかいうツイッターを目にして
焦って、翌日朝一で郵便局に行ったら
やっぱり最後の一冊だった

「昨日から売れてしまって」と郵便局の方
そりゃそうでしょう(笑)





以下
また、下書きしたまま放置してたのを今更だけど。


夜の巷

拓哉とマツコの二人の飾らない自然な会話がいいよね

おいなりさん食べる時、手を添えて上品に食べてる

つゆだくのおいなりさん、美味しそう

マツコの「家族に買っていきなさいよ」とか

二人とも吉が出て
「静香じゃなくて私だったんじゃない」とか
こういう会話が、テレビで普通にできるのはマツコならでは。


拓哉でも
本読みの時はまだ素の自分だから恥ずかしいんだね


入院してる時に拓哉から
「水を買え」とメール貰って、すぐに水を買いに行ったマツコが、可愛い
彼女か(笑)



「キムタク、マジで好き」と東大目指してる受験生
全員、合格しますように


蕎麦屋
もう「決まってます」と言ってたのにお薦めを頼んでしまって
マツコに「可愛いな」と言われた拓哉


マツコ「一緒に住んでよ、家族全体で」
拓哉「ありっちゃあり」

前回の巷で、娘さんがマツコのファンだって言ってたよね
歓迎されるのでは(笑)


さんタク、付いタク、そして巷。
拓哉と二人の番組、いいよね
また、やってほしいな




お願いランキング
BGコラボメニュー

シェフに媚びることなく、正直に厳しい意見も言う

でもメニューは不合格にはせず、改善点を提案して合格にする

中から変えて行こうとする拓哉らしい


最初はタイトルが「章4号」だったらしく
よかったぁ、「BG」に変わって(笑)



ワイドスクランブル
忍び込んでいたエキストラを見つけるとは
さすがいつもよく見てる

胸の大きいエキストラを探すのが得意なだけじゃないよね(笑)




ワッツの時間は眠くて、始まる前に寝てしまって
気付いたら終わってた、とか
聴いていても、その後すぐに寝てしまって、聴きながら書いているのも下書きのままになってたりとか
ダメダメなのです・・・



とりあえず、先週のワッツの自分のメモ

LINEのスタンプ
「反射的に購入してしまいました」

よく使うのは
「電信柱からじーと見てるやつと
ぺこり
まじ卍」



撮影の時に撮り始めると奇声を上げ始めるカメラマンさんの再現
「撮影という名を借りたセ○クス」

ラジオから、地上波のAV男優の声が〜(笑)



さんタク
「アヤさんのジム行った後に歌撮り」

「自分が空っぽになっていた
ポワーンとなっていた」

拓哉のトリセツ
「さんまさんらしいなと思った
これ違うというのは一つもなかった
自分をわかってくれてるな」



BGについて
「今回のキャラクターはそこまで(映画のボディガードのように)
イケてるキャラクターではないので」

「スーパーマンじゃないけど、ボディガードとして頑張ってます」





今週のワッツも聴き逃したので、某所でお世話になりました


息子役の田中奏生くん
「正直言っていいですか
メールを読むまで、全くあの涼太役だった奏生くんと同一人物だとは
この瞬間まで気付いていませんでした」

「5年であそこまで変わるの?」

「すっごいカジュアルに接してくれる
こいつフラットでいいな
だからか、繋がったわ」


あははは
この前のBG試写会でも
「自分のラジオでメールもらって、昔共演していたことに気付いた」
って言ってたよ

人のことはよく見てるし覚えてる拓哉でも気づいていなかったのか




BG
「自分にとっては
新たな自分の中での大きな代表作になっているような
作品として、すくすく育っている感じがしますね」




いつも読まれる「ちょびハゲ」さん
エキストラにも参加しまくってるらしい(笑)

「えぇ〜?いたんだ、ちょびハゲ」

「じゃあ、俺、顔で見たらわかるな
撮影現場にいたなというのは覚えてると思うので」



常廣監督と同級生の方からメール

「一話二話の担当、ファースト監督」

「セカンド監督がアイムホームの七高さん」

「初めての感覚の監督さん
テレビドラマの監督では珍しい
モニターではなく
カメラの横で本人を見て、カット!
凄い熱い」

「頷きが凄い」

「やってても面白いし
色んな選択肢をプレゼントしてくれるので、助かりますね」




七高監督

「アメリカで映像の勉強してた方なので
スタッフのミス
こういうのハリウッドでは大変ですよという指摘をする」

「七高さんとはLINEで繋がってる」



拓哉ファンのブラマヨの小杉さん

「万が一刺されても、『刺さってますやん』ってならないでしょ(爆笑)」


「いつも自分が見させてもらってる人がそういう風に言ってくれるのは
嬉しいです」


帰れま10
「すぐ終わるんじゃねぇのと思って参加したけど
スタートが夜の7時で、終わったのが夜中の2時半過ぎ」




マツコ
「口約束、ヤダなと思って
いつかご飯しよと言われていて
タイミング無かったので
おまえ、いつ空いてんの?
飯、しました」

「(マツコ)一緒にご飯する日、おじさんで行っていい?」

「同い年のおじさんでした(笑)」


食事行けてよかったね、マツコさん

試写会でも
口約束はイヤなので、約束は守ると言ってたね




BGスタート

お正月からしばらくブログ放置だった・・・


ドラマ「BG身辺警護人」が始まった

毎回、視聴率は関係ないと言いつつも
たくさんのひとが見てくれると、やっぱり嬉しい


実は、試写会に当選したので
放送日に見るのは2回目

でも既に見ていても
放送当日は、なんかワクワク、ドキドキする

初見の簡単な感想は
クスっと笑える
ドキドキする
カッコいい
そして可愛いところもある島崎章


あ、舞台挨拶のレポは、詳しくJ-webに載っている通りです(笑)


上川さんがドラマの役もだけど
舞台挨拶でも、落ち着いて穏やかで、ユーモアもあって
素敵な方だなと思った



改めて、ドラマ

最初のサングラスで車を降りるシーンは試写会ではなかったので
直前番組だったのか


サッカー選手のボディガードで歩いてくるだけで
カッコいい
ボディガードに目が行っちゃうでしょ(笑)

卵を投げたファンに詰め寄って睨みつける島崎がカッコよすぎ
あの顔で睨まれたら固まるしかない(笑)


落ちてきたボルトが気になる
きっと選手生命にかかわることが起きたんじゃないかな

万次は唯一、凶だけは殺さなかったんだよね
時を経て凶を護ってる(←違う)


カッコいいBGだったけど
工事現場でヘルメットかぶると可愛くなっちゃう

そして、ちょっと情けない感じ

トレーニング始めて、体が痛くなるのも中年らしくていい(笑)

年頃の息子とのコミュニケーションがイマイチなお父さんがリアルでいい
ライライの時と違うね

何で奥さんと離婚したんだろう?
この奥さん役が誰か知らないって試写会の時に言ってた



男女共にビジュアル揃いの身辺警護課(笑)

保険のおばちゃん、追い返す時もカッコイイ


自信満々の高梨に
「怖くないやつと組むの怖いな」


スタジオで警備の下見してる時は、できるBG醸し出してたのに
見つかって、正座して怒られて謝ってるのは可愛い

座ったベンチが壊れて後ろに落ちちゃうとことか
痛そうだけど、笑っちゃった
こういうの上手いよね



みんなの指に輪ゴムが巻いてあるのは、何だろう?と思っていたけど
マイクを仕込んでいるのね

時計合わせて「誤差なし」


車を降りてくるところとか
スタジアムを見渡すとことか
胸をたたいて「私でもいいでしょうか」
「会長のお命は私達が護ります」

敏腕な頼れるBGらしく、カッコいい


上川さんと江口さんの過去に何があったかも気になるなぁ


爆発が起きて逃げる時にビビる後輩に
「プロなんじゃないの!」


記者のリュックに気づいた島崎、さすが。

大臣が派手な服を着てることもおかしいと思ってたと。

そういう観察力、判断力も、できるBGには必要だね


そして、アクション

蹴られまくられる島崎だけど

「よっぽど好きなんだね
裏切られたって思うのは期待してたからでしょ」

犯人の後ろで、指で、3、2、1とやるとこ好き

あの壊れたベンチ
武器にするのではなく、音を立て、犯人の気を引く

そして、記者を捕らえる
ここまでの一連の動き、カッコいい


用心棒の言葉の意味
敵から身を守る用心する為の棒

「丸腰だからこそ、人を護れる」
そっか、銃を出さなければ、相手もナイフを出さなかったかもと。

大昔に「丸腰でも人殺せんだよ」と言ってたよ(←違う)


カップラーメンに
「ネギ入れると美味しい」と食べ方を勧めるのは、中の人(笑)


島崎だけではなく、他のBGも過去に何かありそうだし
これから、ますます楽しみ




««前のページ  | ホーム |  前のページ»»