宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


わ〜
先週、高梨のプレイリストのメールが読まれ、話題になったけど、
なんと、ご本人がワッツを聴いていて、プレイリストを拓哉に渡したと。

そして、拓哉も
事後報告ありがとうございま〜す
質問をメールした甲斐がありました


ワッツは、その部分から

「こないだ高梨プレイリストの話になったじゃん」

「今度、聴いとくわと現場に行ったんだけど
現場に行く以前に彼からLINEが来て
ワッツを聴いていて、知ってました」

彼が監督を務めた映画blank13「僕も見たんですけど」
「そのポストカードに高梨プレイリストって書いてくれて
『ワッツでぜひ』
リスナーが送ってくるメールと一緒です」

「お葉書で手渡しされたんですけど」

Mint Royaleで『Blue Song』


んふふ、「お」葉書だって




20歳の時のデニム以外に残している物は?

「物はないかな、そんなに。
剣道やっていたので、その時の木刀くらい」


UOMO編集者と何にする?とデニムをテーマ
「昔からお気に入りのアイテム
あれが着れなくなったら、ヤバイかなとバロメーター」




「凄え量来た、メールが」
山口智子さんとの共演について

「鬼のようにメールが届いている」

「22年プライベートで会ったことなかったし
すれ違い的なものはあったけど、会ってこんにちはとか22年間なかったですね」


あれ?スマスマにゲストで来たことなかったっけ?
忘れてるのかな



「衣装合わせで来てくださっていて
ぱっと見て
22秒(に感じる)は言い過ぎだけど、22分くらいかな」

「役とは言え、あーいう間柄を演じた仲だったので
照れくさい感じがあったんですけど
山口さんから両手を広げてくれたので、ハグさせていただいた」

「役の設定は違うんだけど
自分自身もいい緊張感が持てたし
いいメンタリティを保った状態で作業できた」

「久しぶりに作業してみて
智ちゃんってこういう人だったよなぁ
スタッフが椅子を用意してくれるけど、いっさい動かず」

「智ちゃんお薦めのニュージーランドの飴貰ったり」

「風が好きなんですよ。ミニ扇風機がお持ちで。
昔は扇いでたかな」


わぁ、いつ聴いても、この曲がかかると、なんかキュンとする
LA・LA・LA LOVE SONG




右耳が左耳より正面を向いている

「これ知ってますよ、僕」

「宮本武蔵をやらせてもらった時に気づいたんだ」

「髪をひっつめて、ん?と見たら
右の方が聴く気があるなと自分で気づいた」


髪は
「撮影し終わったら、しばらく
次の作品が決まるまでは、ほっておきます」

「長めになるかは作品次第です」




よく舌を出して写っている

「好きなんですよ、アインシュタインの写真」

「自分でも撮るときは出す」


「撮った写真に猫の耳とかヒゲとか付けちゃうの
あれ、いらない」


はい、↑ここ、もっと声を大にして言ってください(笑)




オリンピック

「僕も同じテンションになりたいんてんすけど」

「ここ5日間
朝4時45分くらいに起きて
5時半くらいに家を出て
スタンバイして日が昇ってきたら、はい撮影」

「早い時は10時くらいに終わって
報道ステーションでオリンピックで何が起こったか、おさらいしてる」


「寒さは平昌なみです
そのへんは、誤差なしです」



最後は
代読のお姉さんが恥じらいがなくなったことで
質問内容はどうでもよくなった拓哉でした(笑)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |