宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


プレッシャー

今週も万次に会ってきた
レディースデーということもあったけど
夜の回で、丸の内ピカデリーの大きい会場の席が
ほとんど埋まっていて驚いた、そして嬉しかった

これから、小さい単館でも上映されるみたいだし、嬉しい




ワッツはいきなりGLの主題歌が流れて
え?何かポロリ?と思ってしまった


男性だけではなく、女性もGLに影響受けてるというメール

「非常に、みんなの人生に関われていることが嬉しいですね」

「空港に行くと上がりますね」


「全日空さんの時は機長に会釈して
会釈してくれるとテンション上がりますね」


「飛行機これから離陸します
飛び立つ時にイヤホンで聴いてます」

稲葉さんの「羽」




お悩みに答える拓哉兄さんスペシャル


2人の友人から遊ぶ誘い、どちらを先にするか

「こういうことを相談してくるカナちゃんが可愛い」

「順番を考えることない
どこに行くか、何をするか、スケジュールの空いてる方と行けばいい
僕はそうすると思います、そうして」



この後も色々のお悩みに、真剣に考え答える拓哉だけど
「振った元カレが気になる、連絡してもいいですか?」には
「すりゃいいじゃん」





新しいドラマが始まるプレッシャーはどうやって戦う?

「あるっちゃあるな」

「乗り越えるってもんじゃない
当然あるものって考えると、付き合う感じ」


「監督や共演者、内容が、うっすら見えてきた時
自分に何ができるんだろう
そこに向かって標準を合わせていくしかない」

「嫌な存在にしない方がいいと思う」

「一度だけかな
蜷川さんの舞台の本番が近づいた時」

「みんなありますから
形と大きさが違うだけで」

「上手く付き合ってって感じかな」




以前にテレビ制作の仕事をしたいとワッツで読まれて
実際に転職でテレビ制作に携わることになったと報告メッセージ


「いつ仕事できるんだろう」

「大阪だったら、さんまさんもいるし
メールのやりとりをしてる宮根さんもいるし」


「このラジオで
みんなの人生をハンドリングしてるんだなと思うと考え深い」

「ちゃんとやろうぜ」



最後のお姉さん
「いい加減探すぞ、オレ」

「さっきエレベーターで一緒になったあの人じゃないよね?」



One Chance!が流れた〜
ソロデビュー待ってるよ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |