宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


カンヌ話

今週は大スクリーンで上映中の丸の内ピカデリーで
「無限の住人」3回見てきた
やっぱり大きなスクリーンはいいなぁ

でも、夕方や夜の回だから、けっこういつも空いてて、
せっかく大きい箱なのに、もったいないなぁ
たくさんの人に見てもらいたいのに。




ワッツでは質問が多かったスマホカバーについて。


「あちらのカバーは夜中ネットショッピングできる番組を見ていて頼んだ」

「使い勝手が個人的にはよくて」

「このケースの場合、車の中で
置いた時に滑らない」

「ケツポケットにちょうど入って、一番上の出っ張りがポケットに引っかかる」

「服に入れた時も滑らないので、落とすことない」

「iPhone、7まで行ってるでしょ?
8も出る。もう追いついていけない 」


カンヌの時にはカバー外していたね(笑)



そして、カンヌ映画祭について

「カンヌ映画祭に参加させていただきました」

「招待作品として選んでいただいたことも嬉しかった」

「監督と杉崎さんとレッドカーペットを歩かせていただいて
感極まった」

「気持ちの上では、全スタッフ全キャストのことを
思い浮かべながら歩いていたら
ジーンと来てしまって」


「迎い入れてくださった時点でスタンディングオベーションで」


「客席と共有する感じがありましたね」

「冒頭の5分くらいで、地面に屍が広がった映像で
その瞬間に歓声と拍手がぶわーって」


万次が登場するシーン
「拍手と歓声がおこって
映画なのでスポーツ観戦みたいだなと思いました」




会見の時の花ちゃんと拓哉の衣装
「ブルーとピンクのテーマは何も」

衣装を担当したユウヤ
メイクのケイスケ
「もし海外の映画祭に行くことになったら
その時は必ず一緒に行こうな」と約束


「タキシードだったり、取材の時のスーツはユウヤに任せていった」

「タキシードはトムフォロードさんのプレスルームにお邪魔して
サイズ感を仕上げてもらった」




F1ドライバーでは誰が好き?というメールで

「実はですね
なんとですね、海外のプロデューサーに
上映日の翌日、パーティに誘ってくださって
ニキラウダ、伝説のドライバーがいらっしゃった」




台湾で「若者のすべて」放送されてファンに
日本語勉強して日本で仕事してるとメール

「思いを全て行動に移した、凄いなと思います」


「僕も体当たりの英語で過ごしてきたんだけど
ちゃんとオフィシャルに話せるようになりたいなと思います」





「GOOD LUCK」きっかけで、パイロットを目指そうとしている大学生


「嬉しいですね
自分が体現したことがみなさんの人生の一部になる」


街で女性に声をかけられ、
友達の息子がGLを見てパイロットになると勉強してるので
サインを書いてほしいと。
「サイン書いたばっかなんですけど」

「男子に届きやすいものなのかな」


拓哉のドラマに憧れる男子は、GLに限ったことではないよね



今回のワッツは、カンヌから帰ってきてからだったんだね
カンヌでの感動した様子が伝わってきて、本当によかった

体当りの英語って言ってたけど
ちゃんとインタビューを聞き取って話せてるんだから
大丈夫でしょ


栄光のカンヌから戻ってきて
くだらない叩き記事とか目にしませんように(無理か・・・)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |