宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


無限の住人

たくさんの原作ファンや
拓哉ファンではなくて見に行ってくれた方々の感想が嬉しくて
ツイッター見てると時間があっという間(笑)


先日、友達と飲みに行った旦那が帰ってきて
公開する映画はほとんど見てる友達が
わざわざ漫画を全巻買って、読んでから見に行ったところ
「今のところ、今年の映画ナンバー1」って言ってたぞ、と教えてくれた。

もう嬉しくて嬉しくて。



一昨日は、六本木での英語字幕版を見てきた。

英語が得意なわけじゃないけど、どんなもんかなと思って(笑)


日本語の微妙な言い回しを簡単な英語で伝わるのかな?と思ったり、
逆にわかにくい日本語が字幕によって意味がわかったり(笑)


兄ちゃんは「brother」
兄さまは「Big brother」だった。
難しいね、日本語って。これで伝わるのかな


最後のエンドロールにバンって切り替わった時は
「Derected by TAKASHI MIIKE」

「Producer JEREMY THOMAS」

あともう数人の名前が出た後に
「TAKUYA KIMURA」と。

そっか、海外では監督の作品だから、監督が一番最初に出るんだね




4回見に行ったけど(試写会入れると5回かな)
まだまだ万次に会いたくなる


最初に見た時にエンドロールで
アライフの共演者ちすんさんの名前を見て
どこに出てた?と思ったけど
尸良が、女装してる天津と思って襲った女性だった


後ね
武士の一分で一緒に毒味をしていて
最後に島田が亡くなったことを報告にくる人が
浅野の道場にいた気がした。
違うかな?



万次が、凶にはとどめを刺さなかったのは
妹を殺されたという同じ境遇だったからかな
最後に名前を聞いてたしね



壮絶な閑馬と戦いの時は
暗闇の中で月夜に照らされて片目がより美しいんだよなぁ



万次が槇絵に誘われて
「楽しもうぜ、ねーちゃん」ってセリフには
きゃー❤️ってなる(笑)
不謹慎ですいません(笑)



万次の優しさは随所に見られるけど、
「みやげ買ってきたぞ」と手だけを部屋の中に差し出したのは
ガキ扱いしてるけど、一応女の子だから気を遣ってるなぁと
思った。



300人斬りの前に、屋根の上にじゃーんと現れる時は
もうカッコよすぎ。
予告でも見てたけど、ストーリーとして一番最初に見た時は
鳥肌立つほどカッコよかった



まともな感想は原作ファンの方がしてると思うので(笑)
このへんで。




あ、そうそう、次の映画が発表になって驚きと共に嬉しいよ。

たくさん映画を演ってる岡田くんなんかは、
こんな感じで次から次なのかな


なんか色々と複雑な思いの人達もいるみたいだけど
私はそんなの関係ない。

拓哉が大好きな現場にまた立てることが嬉しいし
全力で取り組むであろう作品を受け取る、ついていくだけ。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |