宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


ドラマ祭り

竹内結子さんとの対談

「○○のために生きてきた」とは?

「それを探している最中」

「求めてもらうために、生きてきた」

じっくりと考え、答えを出すまでの間も
じっと拓哉を見つめる竹内さんが、拓哉を信頼してる感じがした




2人目は
拓哉と目を合わせられない松山ケンイチさん(笑)
ここにも拓哉のドラマに影響された俳優が一人

何人目かな、拓哉に影響された若手俳優は。
たくさんいるよね


拓哉が尊敬する俳優さんは
柴田恭平さん、田村正和さん、香川照之さんなどなど
理由は「本気度」

そうだよね、拓哉は本気の人とぶつかり合いたいんだよね



浅野忠信さんとの対談

共演して「興奮状態」
「この人とキャッチボールできてる
プレイできてると興奮している」

よかったね、同世代で同じ熱量の俳優さんとの共演



木村文乃さん
共演前「キムタク」から、共演後「スター」と。
「準備なくしてスターにはなれない」

世間のイメージと思ってる人が、実際に一緒に仕事すると、
みんな拓哉の人となりや仕事ぶりを理解してくれるね


文乃さんについては
「ふわっとしてる人なのかなと思ったけど
どちらかと言うとゾーンに入ってる方なので嬉しいです」

私もそう思っていたけど、拓哉好みの女優さんでよかったな


親孝行するために生きているという文乃さんに
「ええ子やぁ」

「カメラが無かったら・・」
抱きしめていたかな?(笑)



対談でも言っていたけど、FCでのメッセージにも
「求めて待ってくれてから、やって来れた」


これからも、ずっと求めていくよ



そして、嬉しい番宣の中
心穏やかに新年を迎えようと思っても
色々と雑音が入ってくる

某雑誌ネタは、タイトルだけでも傷付いたし
いつまでネタにされ続けなけらばならないんだろう



あ、さっき、初見の
メイキングやインタビューを交えたドラマのCMが流れてた〜
録画してなかったけど。
これからはTBSにロックオンだな





PS
Rさん、今年もよろしくお願いいたします
拓哉のお仕事、楽しみましょうね



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |