宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


寒い
この寒さの中、はだけた着物に裸足で
万次を生きていたかと思うと・・・


公開はまだ先だけど、早くも雑誌祭り〜

映画雑誌は高いけど、今年はライブなかったしね(笑)

キネマ旬報は、コアな映画雑誌なだけあって
きちんと拓哉を見て書いてくださってる


そしてUOMOは、
短髪になった男らしい拓哉


で、ワッツは、その髪の毛について

「切ったんですけど
ここまで短いのはなかったんじゃないですか」


いつも髪を切ってくれる友達の所に行って
医者?どんな?
外科?
手術とかすんの?と聞かれ
その女性のスタッフは
私のイメージはこのくらいかなぁと。

「サーフ系の雑誌を見ていて
切られてる時、自分をあんま見ないので」
途中あまり代わり映えしないな
行っちゃおうと

「かなりいったけど、どうかな?と見たら
こんな感じだった」

「久々にここまで短いと
物凄い左右に振っても髪がかからない」


「着替える服とか、あれ?これちょっと違くね?
出掛ける時の服を若干考えるようになった」

「モチベーションが上がっているので
早く現場に立ちたいな」


「5、60年生きたら自分的には104か
よし、がんばろ」



ドラマA LIFE〜愛しき人の話を
無限にしますスペシャル


医師の方から医療系ドラマは見たことないという

「スタッフともお話をさせてもらってるけど
できるだけズレというか、こういう会話、メンタル、思い、怖さ、喜び、
現場っぽくしません?ってことになってます」


キャラクターは
元は小児外科で、心臓、子供の脳やったことありますって

「まさかこういうキャラクターを自分がやるとは思っていなかったので
どういう思いでやってるのかというのを知りたいので
本を読み漁りましたね」


「患者さんのメンタルにどういう風に答えることができるかなと考えることができて、面白いな」

「自分自身もだけど、自分の愛する人だったり
病を患った時に
どういう風に言ってもらいたいか診てもらいたいか
そこを大切にやろって、お話をさせてもらって
旗をあげた」


練習用キットがある
「湯飲み茶碗くらいの窪みの中で縫合しなければならないので
練習してます」

「自分自身が楽しみです」



竹内結子さん13年ぶり
「現場を一緒に踏むとこができることが非常に楽しみ」

「真面目なんだよなぁ
凄いジェントルなんですよ
悪ノリすると、へ?って顔で返されるので
気をつけます」


「松山ケンイチさん、超楽しみですね」

木村文乃さん
「この方も見てるだけだったので
現場にいるんだもんね、凄くね」


菜々緒さん
「キターって感じ、龍宮城行っちゃいたよね」


「ホント見てる人ばっか
ホントに会える
そんなテンション」


浅野忠信さん
「これはやりがいありますね」

「絶対面白いものにしたいなと思いますよね」

「超楽しみ
あ、俺やる人か」



スマスマで、レディガガ
「会うやいなや、ハグから始まったけど
いい匂いしましたね」

「今回はちゃんとTシャツ着てくれていたけど
カットの深いデニム短パンを履いていて
最高の、ありがとうございました」


「リハーサルからいっさい手を抜かない
物凄いエネルギーでやってくれて」




胸の形がわかるピチピチと、首回りが広くて谷間が見えるのと
どちらがいいですか


「ドクターに対する思いだとか
実際に外科手術を見学した時の話とかできたよね」


「両方です
両方のアイテムの回し方ですよね」

「ピチピチゆる、ピチゆるゆる、ピチ」


何を言ってるんじゃい(笑)



毎週のことだけど、短い
あっと言う間に終わってしまった

ドラマの撮影にワクワクしてる拓哉
話し足りないのね?
その思いが伝わってきて、嬉しいな〜





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |