宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


「また」

歯科衛生士情報
ワッツを聞いて歯科医のお父様に
リサーチしてくれた男子がいることが
なんか嬉しい(笑)


拍手の音

「最近いつしたかな、拍手・・」

「利き手を上にしてる」


サッカーの試合が終わった後に
サッカー選手がサポーターに向かって拍手は
素晴らしい拍手だなと思って
「ライブをやらせてもらった時に
オーディエンスに向けてやらせてもらってます」



関節ポキポキ

「僕は鳴らす派かな」

「手の指、首、背骨、腰、足首
たまに鳴らします」


凄い鳴ってる〜
手首まで?!
ひえ〜首も鳴らせるの?!



カラコン

「安堂ロイドで
目が真っ黒になるように入れていた」

「ミスプロデュースだなぁと思ったのが
本番中は瞬きやめてみようとやってみたけど
たまったもんじゃない」

「とろ〜り目薬をさして本番」

「アクションシーンもしてないですね」


瞬きしないのもそうだし
倒れるシーンなど
ロイドは本当に凄かった




蜷川さんとの思い出

「嘘でしょという気持ち」

「誰かと話さないと自分も落ち着かなくて
亀梨に連絡した」


お通夜の映像で
拓哉の後ろを亀梨くんが歩いてたね


お通夜で
「遺影を見て、あ、ホントなんだな」

「あの遺影を見てると
お前まだまだだな、と言われてる気がして・・」


「人生初の台本を手にした場所に蜷川さんがいた」

「よく、大丈夫大丈夫と背中を叩いてくれたのが印象的」


「拍手をいただけるまでに
どんだけ厳しいか」

「あれ経験してなかったらやってなかったからね」

「どっかの古着屋の店員になってたと思う」



お通夜で実花さんに頭を下げた時に
「実花さんに『やっと会えたぁ』と言われたのが
凄い印象的だった」


「『また』と言って、その場を後にしたけど
『また』というのを実現させたいなと思います」


「蜷川さんがこういう曲の人でした」
夜空ノムコウ


ヤバい、泣ける・・・


そして、実花さんの「やっと会えた」
きっと拓哉と仕事したいと熱望していたんだね

拓哉からも
「『また』を実現させたい」という言葉

うん、待ってるよ
これからは拓哉の希望通りに
色々実現しますように





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |