宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


毎日、朝、昼、晩とストーカーのように(笑)
チェックしていた黎士ブログが終わってしまった

また、拓哉は何してるんだろうなぁ、という
いつもの日常に戻ってしまったなぁ




安堂ロイド最終回、やっとリピできた
(精神的にではなく、時間的に)


正直、謎や疑問点は多いドラマだったけど
とにかくロイドに感情移入しすぎてしまった



ラストクイーンとの対決
傷ついた体のロイドは、やられっぱなしで・・・

中の人にとっても、激しいアクション


ひゃ〜、ロイドの目の前に剣がぁ


LQが悶えている間に
バッと剣を拾って振りかざしたロイド
かっけ〜


原子還元処理をしようとしたけど、
うわぁ、さすがラストクイーンしぶといなぁ



ラストクイーンを作ったのは、黎子だけど
目が覚めてプログラムをインストールしたのは、
七瀬だよね?
七瀬は、今までLQのこと謎の美少女と思ってたよね?



あ〜、ロイドの手が毒に侵されている〜

「お前なら俺の気持ちがわかるはずだ」
とサプリに・・・

そして、
ボロボロの体で麻陽たちの所へ行こうとするロイド


敵機に撃たれて機能停止した角城も
想いで起き上がった


自力で立てないロイドが、
サプリに支えられて、LQの前に現れた


角城「沫嶋七瀬は生きて沫島黎士に返さねばなりません」

ロイド「サプリ、角城の遺言を守れ」


全身、腐って立てないロイドだけど
「言ったはずだ、お前は歴史には存在させない」

「この人間達に、この時代をまかせれば
俺たちが大虐殺するような未来が決して来ることなない」


「人は誰かを愛し、誰かに愛され
この世界は未来へ歩んでいる」

「俺は、今ここにいる人間の力を信じる」


感情を持ち、愛を知ったロイドの言葉だね



「何が正しく、何が間違っているのか
てめぇの頭で、てめぇの心で本気になって考えねえとよ」

衣朔さん、かっこいい
このメッセージは、今の世の中にも訴えているようだ



「今まで、ありがとう。いつかまた会おう」

うえ〜ん、ここから涙の堤防が決壊し・・・


「安堂麻陽、君と沫島黎士を永遠に護る。
二人で長く長く幸せに」

ロイドの横顔が切ないよ・・・


「それが俺の想いだ」
そして、ロイドが初めて笑ったぁ・・・

「名前くれて、ありがとう。
愛を・・・ありがとう」

ロイドの目が潤んでるよ・・・


ラストクインーンに立ち向かうロイド

え?何でここで、この曲?って思ったけど
私は、ロイド〜ってなってたから
さらに号泣し・・・


サプリの時のように
LQを抱いて一緒に原子還元されてしまったぁ

空で爆発する直前、目を開いた・・・



麻陽の部屋
いつもの充電場所にロイドはいない


そんな麻陽の部屋に
ロイドにとっては100年ぶりに戻ってきた!

「やり残したミッションの為に
もう一度ここに戻ってきた」


麻陽に抱きつかれても
ロイドの手はそのまま、抱きしめるのをやめた・・・


「安堂麻陽・・・色々・・・ありがとう。
君に出会えて本当によかった。」

「俺の魂は、いつまでも君と沫島黎士を護っている」


前に
「俺は破壊されるのが前提の消耗品だ」
「物は誰かの役に立たなければ捨てられてしまう」
などと言っていたけど

自分の体がボロボロになりながらも
麻陽を護るというミッションだけをやり遂げ

麻陽に愛情を持ったロイドだけど
その感情は押さえ、ミッションだけを遂行しようとする
ロイドが切ないよ・・・

100年も待ったのに・・・
これだけを言いに来たの?


「この体を沫嶋黎士に返す。さよなら」

メモリーチップを取り出し、倒れちゃったよ〜

そして、沫嶋黎士の脳データを送っているのは誰?
黎士自身?


でも、ロイドのチップはサプリが持ってるから
安心だね


目を覚ましたロイド・・・
いや、ロイドではない、黎士の顔だ

ロイドのルックスをしてるけど
表情も仕草も完全に黎士になっている。


黎士が帰って来るというのは
こういうことだったのか

でも、黎士の脳データが入ったアンドロイドなんだよね?
そんなことは気にするなって?(笑)


最後に誰かがプリントアウトを申請してる
「ちっ、YES」

これは、ロイドってことは・・・
サプリが持って行ったメモリーチップで
またロイドが蘇るのかなぁ




PS
Rさん、ブログ終わっちゃいましたね。
でも拓哉はもう次へと進んでいるんですよね。
また、ついて行かなくちゃですね。


Kさん、本当にロイドの気持ちが切なかったですね。
こんなにロイドに心奪われるとは、
始まる前思ってもいなかったです(笑)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |