宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


数字も復活して
ネガティブキャンペーンの奴ら
ざま~みやがれ(笑)


でも録画できなくて見れなかった人も
たくさんいるみたいなので
ぜひ再放送してください。




雪の中、雪上車を先導するタロ、ジロ、リキ


体力限界の倉持さん
犬達の鳴き声に這いあがってきたその顔は
ぼろぼろだけど生き伸びた逞しい男の顔


「ありがとな」とリキを抱きしめる


「あぁ、生きてるよ」と氷室を見る

そして「生きてるよ」と空を見上げる

この時の倉持の顔が、貫禄ある山の男の顔になってた



リキと記念撮影する笑顔


クマを抱きしめる倉持さん
遊んでもらえてよかったね~クマ(笑)



ふふ、トイレを我慢する倉持さん

えぇ?出ていた星野教授、何がすっきり?(笑)



比布のクマが行方不明になり
ちぎれた鎖を見る倉持

これが、最後に逃げないようにと
しっかり首輪を絞めることに繋がったのだろうか・・・



シロ子が仔犬を産んだ時の笑顔

可愛い仔犬達に、
倉持の中の人もたまらなかったんじゃないかなぁ



「よし、じゃあ乾杯しよう」

「どんだけ固いんだよ、おまえ」と笑顔


「第一次越冬隊の最後の使命だと思います」
とスピーチを締めくくり

「僕らの・・・・昭和基地に」
感極まって、うるうるの瞳



リキに
「な、亮くんも、はるかちゃんも家族が待ってるもんな」
と、撫でる

あ~、この後の展開を思うと・・・



犬の日誌を見て、きりっと前を向いた表情


氷室に「冷静にな」と言ったら
「お前じゃないんだから」と言われ
ちょっとハニかんで、舌を出した



またまた犬の日誌を見て笑う

そして教授の言葉を思い出し、
心配そうに考える表情


日誌の中の
「カメラを餌と勘違いするタロ」
「日なたぼっこするシロ」

たまらん・・・




「すぐに戻ってくるから」と
ジロと見つめ合うシルエットがラブシーンのよう

そして
「すぐだからな」とタロを抱きしめるシルエット

「クマ、ク~マ」とクマの所へ

どれも美しい映像だけど
首輪を絞めてしまった悲しい行動・・・



セスナ機の窓から
外の犬達を見つめる瞳がせつない

その後も何度も映る心配そうな表情
「すぐに戻ってくるからな・・・」


飛んでいくセスナ機に吠えるワンコ達の姿が・・・


せめて
シロ子と仔犬たちを連れてきたのは救いだけど
雑誌に載っていた仔犬を抱いていた写真は
この辛いシーンの撮影の時だったとは・・・




氷室と「どうなった?」とこそこそと話した後
第二次隊長を鋭く見る



「犬はほっといたって大丈夫だ」に
「なに?」と怒りの表情


「万が一、上陸できなかったら、どうするんですか!」
と睨みあう


「あいつらは、一緒に戦ってきた仲間なんですよ」
怒りのうるうるの瞳


「セスナ機、飛ばしてください
俺が行きますから!」

倉持の気持ちがびんびん伝わってくる



予告で、叫び狂う倉持さんが・・・






PS
Rさん、これからもっと辛い展開になるけど、
せめてラストだけが救いですね

cさん、はは、ワインを我慢って(笑)
確かに、みんなの感想だけで胸がいっぱいになりますね



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |