宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


ど水平

ワッツ


メール内容から
拓哉のオーディション経験の話へ。

「金八先生のオーディションに行ったことあります」

普段、学校に行ってる感じで言われた通りで行ったら
「お前帰っていい」と言われた。


まだ、仕事なめてた頃だもんね(笑)



南極ちゃん話。

3話に関しては・・・
「クランクインは、第3話の雪原ロケだったので
うわぁ、なつかしいなぁ、と
見ていて色々思い出しました」


拓哉も、普通にテレビを見たのかな



2月から7月まで、5が月の撮影だったけど
「ラストシーンは、4月の段階で終わってましたね」


「スケジューラーの川島さんは大変だったと思う」


クランクアップは、
2話の犬塚とジロが閉じ込められちゃうシーン


犬塚「倉持さん、タロが!」
倉持「タロ?」と飛び出して終了


「基本、現場は楽しかった」

「どんな過酷なシーンでも、みんな笑ってましたね」



これが一番
それだけでも、よかったねと思う。




船が揺れて傾斜になるシーン

スマスマスタッフにも「どうやって?」と
聞かれた


「さすけって番組のオープンセットの横に
宗谷の船内のセットを建てた」


「撮影時は、ど水平です」


撮影しているカメラを傾けて
特殊なピアノ線を縛り付けて、引っ張られて。


ヤマトの時も同じような撮影方法だったよね。




拓哉がかっこつけで好きではなかった
と言う子のメール

わかってない人が多いけど
カッコつけてるんじゃない、カッコいいんだよ



境雅人さんとことは「雅人」って呼んでるんだね


宗谷の改造シーン、広島の因島でのロケ
宿泊施設にカラオケがあって
「何時に集合ね」と。

お酒も進んで「次、雅人行っちゃおうぜ」と言ったら
「春一番」を歌ったらしい(笑)

「あいつ、原キーでいきやがって」


男だらけのカラオケ、楽しそうだなぁ




綾瀬はるかちゃんが走るシーンを見た子供が
「ボイン、ボイン」と言っていたというメッセージ

「何で僕はこういうメッセージを読まされるんですかね」

「ある意味・・・」と
曲「ダイナマイト」をかける(笑)


なんだかんだ言って
そういうボインも含めて、綾瀬さんのこと
好きなんでしょ(笑)



いつもの女性の声に
「風邪ひいてんじゃねーよ」

言われた~い(笑)



防寒着はトイレ行くの大変だったのでは?

「男は、ズボンおろせばいいので・・・」

「男だからこそ大変という部分
寒いと、したいのに『あれ?どうした』
っていう時もある」



あの川柳がなくて、南極ちゃん話ばっかだったから
よかった



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |