宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


次は、洞窟探検

IMG_4266_convert_20110121054857.jpg

玉泉洞
こちらは誰でも入れます


IMG_4268_convert_20110121054936.jpg

玉泉洞入り口


IMG_4270_convert_20110121055018.jpg

中は本当に蒸し厚い
拓哉とさんまさんが「ホンマや!」と入ってきた
入り口通路


IMG_4271_convert_20110121055052.jpg

湿度があるから、それとも歩いているからか
暑かった


IMG_4275_convert_20110121055144.jpg

拓哉たちが洞窟へ下りてきた階段
けっこう深い


IMG_4277_convert_20110121055319.jpg

階段を下りると、ここへ出ます

イキガ洞と違って、観光コースだから
ライトはうっすら付いているけど
でも暗くて、やはり写真がうまく撮れない


IMG_4285_convert_20110121055358.jpg

拓哉「これなんか、つながってますよ」
と触っていた鍾乳石


IMG_4284_convert_20110121055503.jpg

はい、すりすり(笑)


IMG_4289_convert_20110121055918.jpg

拓哉も見上げていた槍天井


IMG_4305_convert_20110121060019.jpg

実際の目で見ると凄いんだけどなぁ・・・


IMG_4291_convert_20110121055547.jpg

変な生き物(?)のボードの前


IMG_4292_convert_20110121055617.jpg

あ、パネルが展示


IMG_4294_convert_20110121055726.jpg

この奥へと、拓哉たちは進んで行った
地煙の滝と、奥が龍神の池


IMG_4298_convert_20110121055835.jpg

この手すりを乗り越えて、入って行った穴
もちろん、ここからは一般の人は入れません

拓哉はこんなとこ入っていったんだねぇ
と、しばらく穴を覗く怪しいお出かけ部でした(笑)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |