宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


偽情報?

UOMO
「自分の仕事に嘘はつきたくない」

汗をかいてる風にしての撮影も可能なのに、ちゃんと汗をかく
拓哉は汗まみれでも美しい

肩から腕の筋肉が凄いね

そして編集長のブログに書いてあった
「美しく引き締まったくびれ」

あぁ、見たいぞ




ワッツは、ニセ木村拓哉情報

番組で笹野さんが拓哉の名前で自己紹介

「いやぁ、笹野さんはありです。
ニセ木村拓哉ではないです。
放送OKな、炎上しません。
笹野さんとの関係性なので。」


笹野さんと旦那様は良い関係だね




7月の半ば頃、原宿で目撃情報

「まず、7月にさんタクの収録はしてません」

「原宿というより表参道だと思います。」

「お店から出て来たら、修学旅行生達がいて、
シートベルトをしたら、クルマの横に来て手を振ってたので
おぃっすと応えて、後にしたことはあります。」

「たぶん俺ですね」




桐谷健太と遊ぶ約束をしてると偽メール

「健太とメールのやりとりはしてます。
健太、最近忙しくて、会う約束してません。
嘘ですから、これ。」


付いタク、面白かったなぁ
今度はケンケンとやってほしいな




彼氏に振られた
返事もなくLINEブロックされた

「これ、なかなか酷いね
振る振らないとか、別れる別れないはLINEとかダメだと思うよ」

「ブロックサンキューって気持ちでいいんじゃない?」

「切り替えたらいいんじゃない?
この終わり方おかしいもんね」


なんか、あることと重なる




隙を見せるの隙とは?

「あんまり出てこないビジョンが」

「隙だらけだと、下品な方に傾いていきそうな気がしない?
男子からいうと、あざーっす」




授乳して、おっぱいが小さくなった

お姉さんが代読してる途中で「え?」と小さく声出してたね

「検索しても出ないのかな」

「旦那さんにちゃんとケアしてもらうしかないですね
長男と次男を産んでくれた自分の奥さんなんですから」



あ〜あ、あっという間に終わっちゃった

某女性誌で
ポケットに手を入れて歩く渋い最上さんのモノクロ写真を見たけど
動く姿が見たいなぁ



スポンサーサイト
やったぁ「無限の住人」Blu-rayの発売決定!
これで家でも楽しめる

メイキングやカンヌの特典映像も嬉しい


そして、今日は博多の応援上映にも拓哉のお花
みなさん盛り上がったかな



ワッツ

NALUきっかけでサーフィンを始めるというメール

ウエットスーツの下は
「ビキニで問題ないと思いますよ」

「どっちにしても上から着るので、どんな形でも大丈夫だけど
海から上がって着替える時に水着になることを頭にいれておけば」


「NALUさんの連載をきっかけにしてくれたのが嬉しいです」




実年齢より若めの格好してる女子ありですか?

「全然ありですよ」

「俺に置きかえたら相当重症ですよね」

今日は
「ショーパンにボーダーのTシャツ
ソックスにスニーカー
白いフレームのサングラス」

「年相応の格好って言うのが僕の中にはないんですよ」

「TPOが守られていれば、いいんじゃないかな」

撮影現場では
「撮影の役の衣装に着替えるので
普段は自分の楽な格好してますね」




検察側の罪人について

先週のワッツに続いて
原田監督もネット記事についてブログに

原田監督のブログは
「知っていたんですけど、目を通すことないんですが
ネット記事については、人伝てに聞いてましたね」

「そういうことに関しては、監督とはそんな話さないかな」


原田監督は何て呼んでいるんですか?
「役名かな
最上っていつも言ってくれてるかな」


「原田組の一員として撮影に参加させてもらっているけど
なんかいいですね、説得力あって」

「毎日刺激的な時間を過ごしてます」




ニノに大量の洋服をあげた

「原田監督の誕生日は衣装部からお聞きして
撮影現場でふっと渡した」


ニノには
「誕生日プレゼントだったら真新しいのをちゃんとあげる」

「こういうの着れるよねっていうのを紙袋にズガっと入れて渡した」


洋服の買い物は
「そんなに頻繁には行かないですね
そんなにアンテナを張ってる訳ではないですし」

「タイミングとしてスイッチが入るのは人の誕生日かもしれない」


「最近買ったもの、古着屋さんで買ったTシャツ」




冬設定の夏ロケと夏設定の冬ロケ
どちらが苦手?

「間違いなく、冬設定の夏ロケは地獄です
ダメダメ、ほんとダメ」


「南極大陸をやらせていただいた時に
あん時はヤバかったですね」

「あの設定はキツかったなぁ
思い出しますね」

「30秒あると
垂れてくる汗ができるだけカメラに映らないように動いたり」


「冬設定の夏ロケはダメ
禁止にしてほしいくらいです」




代読のお姉さんが
「ボーダーのTシャツ素敵ですね」

「今日だろ、すれ違ったの?
おい、おい、おい、おい」

↑ 万次みたい💕


手の平サイズになったら?
「(谷間に)挟まると身動きとれないので
どちらかと言ったらデコルテかな
そこで弾んでたいです
ポヨンポヨンポヨン」


はい、こういう発言も年相応関係なく、いいよ〜(笑)



UFO、蚊、胸

お姿を見ることができないから
声だけの貴重なワッツ


アライフの衣装展で
白衣の右手ポケットのフチにベージュっぽいシミがあった

「衣装部が使いこんだ感じを出す為の汚しかもしれない」

「実際に現場で使っていたものをそのまま展示してるんじゃないかな」


自分で撮った写真を拡大して見てみたけど
シミはわからなかった




空から降る一億の星を見返している
さんまさんがあまりにも男前だから
振り返ったら「男前やなぁ」と言ってしまったとか


「これは、たぶんサービストークだと思いますけど」

「本番でNGを出したんじゃないと思います」

「テストかなんかで言っていたのは覚えています」

「天然で言わないでしょ、本場で」




宇宙人やUFOの存在は信じますか?
プライドの背景にそれらしきものが映ってた

「これ知らないですね
UFOではないと思いますけどね」

「宇宙人の存在、いてもいいんじゃないですか」

「UFOかな?と思ったことは、一度だけあります
日本じゃなかったけど、4つのオレンジの光がすーっと
も一回見たら、ヒョンと動いて
ヒュンといなくなった」




小学生の頃の夏休みのアニメは?

「ハイスクール奇面組はマンガで読んでたかな」

「ニルスとか
王道で言ったらドラえもんとか
ルパンは見てましたね
松本零士さんのは間違いなく見てましたね」

「ガンダムは時間に合わせて走ってたよ」

「エブァには行ってないんですよ、個人的には」




蚊に血を吸われることを何て言いますか?

「僕は、刺されるかな」

「刺された後は、蚊に食われちゃった、かな
不思議な使い分けですね」


「多いよね、今年も」

「夏における短パン率高くなるじゃん
顔の周りは気づくと思うけど
下半身は、かい〜と思ったら刺されてる」

「笹野さんのコマーシャルじゃないけど
普段休んでんですかね、あいつら」


「石鹸で洗うと痒くなくなりますよ
しっかり石鹸で洗った後は刺されにくいらしいです」




バーベキューでグッとくる女性のファッションは?

「場所にもよるよね
海辺なのか、山の中の川なのか」

「山系だと周りがアースカラーだから
パキッとした色を着るとね」

「カーゴパンツにオーバーサイズのTシャツとか」


「海系だったら、一箇所パステルあってもいいかもね
トップスは下着ではなくて水着を着ちゃってますよ
その上にシャツ」

「バーベキュー行ってるのに、機能してない人はダメじゃん」



「真夏の脱獄者」
全部、拓哉に歌ってほしい



左右で胸の大きさが違うのが悩み
右胸が大きくなりそうな言葉をかけて

「右たて伏せをひたすらするとか」

「とりあえず揉んでみましょうか
左のサイズを下げるのは薦めたくないので」


「言葉をかけて大きくなるんだったら
俺、スゲェかけるよ言葉を」



声をかけてもらって大きくなるのなら
拓哉に声をかけてもらいたいぞ(笑)




偽物に注意

昨日も見に行ってしまった、目黒シネマ
もう、これで無限の住人を見るのは最後かな


そして、地方でも応援上映決定
嬉しいね〜
私も夏休みだったら、また行きたい




ワッツ

先週に続き、ニセ拓哉からのメールについての報告

「来ましたね〜偽キムタク
これは、僕はしてません」



ニセ木村拓哉を捕獲せよスペシャル

メールアドレスtakuya1113
「俺によこせ
だから、こういうアドレス取れないわけですね」



大御所の俳優さんと間違えて送った設定やら
収録の時、セリフを覚えてなくて焦ったという内容やら

「もう、やだぁ、ホントに何これ」

「送ってる本人と目と目を見て話をしたいですよね」

「どんだけスケジュール適当に喋ってんだって」





検察側の罪人のキャスト発表
仕事の入り方は?


共演したことあるのは
「松重さん、ヤッシー、大倉さん、山崎さん、矢島さんもありますね」

「共演経験がある方達と真っ先に話すという順序とかないです」

「本読みの時は隣にニノがいたので、ずっと喋ってましたね」


「インターネットの記事では無言の対面とか書いてありましたけど
ずっと喋ってましたね」

「吉高さんが険悪な空気にドン引きとか書いてあるましたけど
吉高さんは、初日の本読みの時は出席できなかった」

「ネットのニュース、現場でニノと笑いあってます」


「その作品の一要素として自分がいるだけなので
主役とか自分はそういう意識ないですし
原田監督の元、みんなが現場で作業していく」

「今の自分にできる120%なのか、どれだけスタンバイさせておくか」


「刺激的ですよ
原田監督っていう人は面白いです」

「毎日毎日が非常に刺激的で」


「暑さにこたえてますけど
それすら、いい影響を出してるんじゃないかな」



ニノは拓哉のこと、なんて呼んでる?

「現場では、そうっすね
飯の時間は一緒に食べてますね」

「うちのプロダクションの独特な関係性だと思うけど
ニノは僕のことを木村くんと呼びますね」

「他の後輩のみんなも呼んでくれるし」




二の腕のおっぱいの柔らかさが同じ

「一緒なの?
ホントに一緒だったら、気になるよね
確認したことはないですし、確認したいですけど」



「電話をかけてきたニセ木村拓哉がいたら、警察沙汰ですので
気をつけてください」



やっぱり、ネットニュース見てるんだねぇ・・・
あんまり見てほしくないけど。

でも、書いてあること否定したね
嘘記事を書いてるライターさん
本人達に笑われてますよー

どんどん言ってやれ


最後に、ニセ拓哉は警察沙汰だと言っていたけど、
西田敏行さんのように、悪質な捏造記事は訴えていいレベルだよ



そして、刺激的だという検察側の罪人の撮影現場
楽しみだなぁ

今、少しでもいいから、最上さんを生きてる拓哉を見たいよ





愛ある映画館

目黒シネマの「無限の住人」を見てきました

入口に入るといきなり「無限の住人」関連の記事の展示が。

IMG_1110.jpg

上映は、1週間なのに
そのためにスタッフさん頑張ってくれたんだ


IMG_1111.jpg

階段の壁にずらっと貼ってあります

IMG_1112.jpg

拓哉と花ちゃんの出演映画のチラシ


劇場がある地下へ降りると

IMG_1123.jpg

当館のアーカイブ庫に貴重なものが多数あったので
チラシの実物を展示と。


IMG_1118.jpg

拓哉の映画


IMG_1114.jpg

奥には、大きい万次が。


IMG_1115.jpg

J Movie Magazine の記事の拡大コピーの展示

IMG_1116.jpg

大きな万次さん

IMG_1117.jpg

これも拡大コピーして、切り取って貼ってある
スタッフさんに仕事ぶりに感謝


IMG_1119.jpg

監督についてのパネルも


IMG_1132.jpg

ふと、壁の上の方を見たら、こんなものが
「あるよ。」



偶然にも映画の日だったので、1000円でラッキー
こういう単館でもそういうサービスがあるんだね


あの丸の内ピカデリーでの応援上映以来の
久しびりの万次。
改めてまた感動してしまった


そして、三池監督作品「十三人の刺客」との2本立て。
見たことなかったので、続けて鑑賞。

こちらも斬って斬って斬りまくりで、
2本連続で見たので、疲れてしまった。


吾郎が悪の殿役で出ていた。
日頃、拓哉にも悪役をやってほしいと思っているけど
酷すぎて、拓哉には
こういうのは演ってほしくないと思ってしまった・・・



おじさまなど、けっこう男性客も入っていたけど
まだ「無限の住人」映画を見ていない人に
もっと見てもらいたいなぁ


沖田先生のBlu-rayを見て
また万次にも会えて
まだ見ぬ最上さんを想像する

一度に3つの幸せ




ブログだと写真のサイズ限定があって、画像が荒くなるけど
ツイッターはそのまま載せれるから
記事も拡大すると読めちゃうことに気づいた(今頃・・)





 | ホーム |