宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


A LIFE 7話

昨夜は、さんタクが4月にやると知って歓喜
映画の番宣も絡むのかな
恒例の歌も歌ってくれるよね


そして、ドラマは7話

沖田先生、また徹夜?

ホットドック、キャベツ抜きのマスタードダブル


壮大が鼻歌、怖い
しかも包丁を持っている、怖い(笑)


神経を犠牲にするオペの提案する深冬に苦悩の表情の沖田先生


井川先生、頑張ってるね


副院長、引き続き、榊原先生を顧問弁護士に。
どういうつもり?
沖田先生の抱擁を見てしまったから?



壮大は沖田先生を信じて頼ってるんだよね
それに対し「諦めてないよ!」と沖田先生



あ〜あ
副院長の病院提携の報告で、院長、出て行っちゃうんだ



え?小児外科を潰す?
壇上記念病院を桜坂中央病院の傘下に?

「手に入らないなら、いっそのこと無くしてしまえばいい」

羽村先生も何か企んでる?


壮大は深冬のこと
「愛してたよ」過去形?

気持ちが壮大にないなら死んでしまえばいい?



井川先生も病院を継がないといけないから大変だね
でも、まだ沖田先生の元で働きたいよね



やっぱり柴田さんは、
沖田先生が深冬のオペのこと考えてるって気付いていた


3人で実家のお寿司屋さんへ〜
「小汚い店ですね〜」
「お父様でいらっしゃいますか」
調子いい井川先生(笑)


同僚からセンスと才能があると聞いて、お父さんは息子のこと認めたかな


沖田先生は、お母さんのことで医者になろうとした
そんな気がしてたんだよね



沖田先生は諦めずに
子供の乳がんを一例だけ探し出したことによって
女の子の検査をすることになる



沖田先生、連日、夜遅くまで
もしくは徹夜で深冬のオペのこと考えていて
倒れないか心配


でも、ようやくオペ方法が見つかって、涙ぐむ
予告で見たのは、嬉し涙だったのか


深冬は医者としてやっていきたい
その気持ちを沖田先生はわかっていたから
オペ後も支障がない完璧なオペ方法を考えていたんだよね


「大丈夫だ」
やっと、深冬に言ってあげたね



あ〜、また壮大は
二人が糸結びを練習してるとこ見ちゃったよ
ある意味これはラブシーンだよなぁ

深冬が泣きじゃくるのは好きじゃないけど。


オペの方法を報告して、壮大は沖田先生を抱きしめる
壮大を救えるのは沖田先生しかいない。
でも、本当に喜んでるのかな・・



榊原先生が
病気を抱えた医者が外科的治療を行うことは患者に不利益をもたらすと
深冬の病気のことをいきなり発表し、副院長の責任問題と。

あ〜爆弾投下
榊原先生の壮大への逆襲か

しかも、こんな形で、院長に深冬の腫瘍のことがバレてしまった


そして来週は、沖田先生のお父様が倒れてしまう

次から次へと大切な人が・・・




PS
Rさん、映画公開まで嬉しいことが続きますね〜






スポンサーサイト
プレミアムフライデー(関係ないけど)は、雑誌4冊ゲット

ドラマのBBSは、毎日2〜3回見てるって
ちゃんと書かなきゃ(笑)

副院長室の熱帯魚は、拓哉が世話してるのね




ワッツ

「ドラマの感想やツッコミは現場で反映させていただいてます」


ネギ抜き牛丼「温かい」と言ってたけど、冷えてるように見えた

「スタッフが電子レンジで温めてくれて、温かった」


「鯛茶漬けも美味しくいただきましたよ
割と僕、味わってます」




5話のビンタするシーン

「未だに凄い強烈に覚えてるのは
プライドのチームメート全員からビンタされるシーン
あれは左つら腫れましたね」


「監督から、叩いてるように見えるのでと言われたけど
そういうところで嘘つきたくない」

「当たらなかったらリアクションしないよ」
「え〜それはたっくんマズイよ」

「2テイクしてます
本編と、もう一発は提供バックで流れてます」


確かめて見たら、ホントだぁ、本編と提供で違う




井川先生の車の下にバミリが映ってました

「これは〜っぽいねぇ」


「小道具のスタッフに会うや否や
聴診器の入れ方、すいませんでした」



ジーンズの裾の折り返しについて

「折り返してるデニムについては折り返しっぱなしです」

「物によって、折り返しのところアイロンかけてます」


シュ〜ってスチームの音(笑)
相変わらず上手い



オペナースの方からのメール
手術室、言いにくそう(笑)

「これはぁ、待ってました。
このメッセージは嬉しいですね」


「オペナースの人の存在、ドクターにとっては完全に欠かせない存在ですね」

「あの人があってのオペですね
木村文乃さんはもの凄く勉強してますし」

「渡した時にそのまま使える道具の向き
僕も道具を出しやしい角度で手を出さないと
二人で練習してますね」

「みんなのスキルを高めた状態で現場に来てくれて
気持ちが上がりますね」


「現場で文乃ちゃんにラジオっていいですか?と聞かれた」

「楽しいし、全部自分の言葉、声で伝えられるから」


ダブル木村、楽しみにしてます〜




小児外科医の母親が、患者の子からとった自分の名前の由来になった子に会ってみたい

「温かいなぁ、こういうラジオだったっけ」


拓哉は
「開拓の拓、切り開く、パイオニアになるってことらしいですけど
作家の志賀直哉さんから哉を取ったって言ってました」




手術経験ありますか?

「一例かな」

「外科手術ではなく、インプラント、奥歯に入れた」

「あとはないです」



「一例」って言うところが、完全に医者になってるよね

手術はないかもだけど、怪我はたくさんしてると思うので
気を付けてほしいです


そして、ぜひダブル木村でワッツをしてください
ケンケンも呼んでいいよ(笑)






A LIFE 6話

6話も色々と辛かった
昨日は見終わった後
しばらく放心していて、そのまま寝てしまった



深冬が自分でデータを見て知ったことに対して
「何やってんだよ」と壮大
沖田先生を責めないで



「僕達医者が限界決めちゃいけないから」

「医者が無理だって言ったら、患者さんの命の限界になる」


白衣を脱いで
沖田先生に肩を揉んでもらう気満々の井川先生(笑)


やっぱり院長には、腫瘍のこと言わないのか


オペに同意できない榊原先生
これって、同意しなくて、もし死んじゃったら
誰の責任になるんだろう?


あぁ、壮大と榊原もすれ違ってきた


子供時代の沖田先生と壮大
お父さんの鯛茶漬け、美味しいだなぁ

壮大は子供の頃から辛かったんだね・・


「わかってるよな、時間がないのに全然前に進んでない」と壮大
また沖田先生を責めないで。


「腫瘍は5mm大きくなってる」
その後、何も言えない沖田先生



羽村先生と壮大も亀裂が入り始めた


「美人がここにもいた」
「ホントだぁ」
いつもコントみたいなトリオ(笑)


井川先生もオペは無理だと苦悩する



医者で妻で母で
腕のいい元カレが病院の実績に貢献してくれてる
確かに恵まれてるなぁ、深冬

「私、幸せよ、物凄く幸せ」
初めて、榊原に強気に言った深冬



お父さんとのシーンは、ほっこりする
ナイス、塩まき(笑)


あ〜あ、無理に米とか砥ぐからぁ、壮大


オペ前に
色々質問して、井川先生の準備ぶりを確認する沖田先生



もう壮大は、深冬のことがいっぱいで
もう榊原に気持ちが向いてない
それに気づいた榊原も寂しいね、ま、不倫だけどね



オペ中のトラブルにも沖田先生は手を出さない

壮大からの指示に「静かにしてくれよ!」
カッコいい

ちゃんと井川先生が準備してきたこと、沖田先生は知ってたんだよね
「それでいい」


羽村先生が助けに入ったけど、大丈夫だと思って出ていった


そして、榊原も壮大から離れていった


榊原先生、お父さんにまで、契約書か

「そうやって意地張れてるのも、お父さんが生きてるからでしょ」
沖田先生の言葉、響いたよね



うわぁ
提携の話「よくやった・・と言うとでも思ったのか」と院長
壮大も辛い・・



井川先生は
沖田先生に、限界決めちゃいけないって言われて、オペに成功し
今度は、そのことをそのまま沖田先生に返し
深冬のことをお願いしますと、頭を下げる



井川先生と焼肉で
「私をオペできる?」と柴田さん
何か気付いてるよね



深冬が沖田先生の部屋に
「ハルまで?アキ?」プライドだ(笑)


不安でたまらない深冬に「4〜5ヶ月」と、正直に言うんだ・・
でも沖田先生の表情が辛い

だんだんと涙目になる沖田先生

「大丈夫だと言ってくれないじゃない」
あぁ、沖田先生の表情が・・・


「怖い」という深冬をぐっと抱き寄せる
こういう動作は日本一(笑)

「怖いな」とぎゅっと抱きしめる沖田先生

あ〜壮大が見てるよ〜


「絶対に救うから。それまでどこにも行かないから」

そして深冬の頭に手をやり、
これまでこらえていた沖田先生の目から涙が・・・


来週の予告でも、沖田先生泣いてるよ
あ〜あ〜あ〜辛いけど、苦悩する沖田先生、絶品です



壮大もねぇ
子供の頃から父親に厳しくされ
羽村先生にも見放され、榊原は出ていき、院長にも認めらない
とどめは、深冬と沖田先生の抱擁を見てしまった

でも沖田先生は壮大を見放さないと思うよ


終わってほしくないけど、早く続きが見たい





PS
Rさん、映画をスルーなのは、何なんでしょうね
何が起こってるのかわからないけど、
とにかく今はドラマをきちんと、バックアップしてほしいと思います





相談ワッツ

沖田先生に万次にと忙しい中、ワッツ〜

行きたかったけど行けなかったガンズのライブレポ

「行きたかったなぁ」

「夢がモリモリからスマスマまでかかわってくれたツッチーが
ガンズのTシャツを買ってきてくれました」


以前にも、何かのライブのTシャツ買ってきてくれたスタッフだよね?
スマスマ終わったけど、スタッフにはずっと愛されてるのね



朝起きた時、顔に枕やシーツの跡がついてる時どうしてますか?

「あるよね、これは

「僕的には、だいたい出発の50分前に起きるけど
そのくらいの時間があれば残ってないかな」


「むくみに対して、何かあーしてこーしては、ないかな」

「撮影現場で、メイクさんにおまかせ」

「撮影の始まる30分前に入って、メイクしてもらう」



友達を呼び捨てにするタイミング

「思い切っちゃうパターンもあるかもね」

「近い人って呼び捨てだったりするよね」

「撮影現場で、ミッチーがたっくんって呼んでくれてるのは
近いですもんね」




息子がマグロの気分と、どう返したら?

「え〜?マグロの気分って言う子供・・」

「抱いてみるかな
よ〜し、デカイの取れたぞと抱える」




彼氏と寝る前に電話するけど、
3日に一度は喧嘩になる

「なんて可愛い、なんなんだ」

「寝てないよ、何どうした」(←この言い方に萌え)




彼女のことを思い、自分から別れることを決めた

「相手にも背負わせてる感が感じちゃう」

「相手を思うなら、君はって置き換えてみるしかない」




かけるパクチー
「いらない、いらない、いらない」

「パクチー情報はお腹いっぱいです」



ドラマの話とかなかったけど、
相談ごとにいつものように真摯に答える拓哉でした

市原隼人さんも言ってくれた
「自分のことよりも、周りの立場になって考えていける」拓哉だから。





監督と共演者

昨日は「無限の住人」の完成報告会見

各WSをチェック編集、TBS以外(笑)


コート姿がカッコいい

撮影中、ケガをしちゃったけど
三池組に参加できて、よかったね



めざましくんの腹話術みたい
可愛い



三池監督、拓哉について
「誰にもできない
木村拓哉の吹き替えは、想像できないし、あってはならない」

「木村拓哉という人間の宿命」



市原隼人さんとのエピソードはWSでは、LINEの話ばっかだったけど
市原さん、拓哉の現場でのあり方について
「自分のことより周りのことを考えている。
こんな座長は初めて」と。

拓哉は、共演すると、必ず若手俳優に慕われるね

ケンケンに続いて、好感度アップだわ(笑)



杉咲花さんも、映っていない時でも、目線の先にいてくれる、と
これも、どの共演者も言うよね

よく笑う可愛い子だね



面白かったのが、PONの青木アナ
本当に拓哉のファンなんだねぇ

よく見てる、彼にとっての拓哉の魅力
①小道具使い
②下あご使い
③日本語が美しい

どれも拓哉は意識してないと言ってたけど。


スタジオに設楽さんやココリコの田中さんなど
過去の共演者がいてくれると嬉しいね



今日は、A LIFEをリピできなかった
あぁ、沖田先生に、万次にと忙しい〜、嬉しい




A LIFE 5話

深冬が倒れ、壮大が駆け付けて、
深冬と壮大の2人を見る沖田先生の表情がせつない。
だけど、いい横顔


病気のこと早く告げてくれという壮大に対し
オペの方法を見つけ、ちゃんと未来があると伝えたい沖田先生



井川先生も深冬のことを知ってしまって、言うに言えず、辛いよね



なんか腹筋してるよ、沖田先生(笑)



普段なら飲み会で一番盛り上げそうな井川先生が、元気ない
柴田さんにも言わなかったね


柴田さんは、牛丼ネギ抜きを沖田先生に差し入れ
野菜が嫌いなことも、よく見てるんだね

だから、脳のこと調べてることも気付いてる



深冬先生、記憶が・・・
真実を知ってる井川先生、またまた辛いね



ついに深冬のことを沖田先生に話した井川先生

「副院長はオペできませんよね、深冬先生は愛する人だから」
と井川先生に言われて

しばらく沈黙の沖田先生の表情がせつない

そして声を振り絞って「だから僕が切るんだよ」と。
その表情もまた切なく辛いね・・



片山関東病院との提携はなくなったけど、よかった
ナース一人のことで、クレームつける病院なんて辞めたほうがいい

でも、追加融資が中止になって、壮大も辛いね



深冬先生のオペのヘルプに入る沖田先生

「体調がベストじゃないだろ、患者さんに失礼だ」
沖田先生の言い方は正しい
そう言われたら、代わざるをえない



オペの方法を考えていて、書類が崩れ落ちて、イラつく沖田先生


井川先生に「早くなんとかしないと」と言われ
「わかってるよ!」声を荒げる沖田先生


井川先生、野菜ジュース持ってきてくれたのにね(笑)



羽村先生も、恩師の山本先生のミスのことで、辛いね



「外科医として致命傷だろ」
ただ命を救うことだけではなく
深冬の外科医としての未来も考えてる沖田先生



深冬のことを思って泣く壮大も辛いけど
それを見る沖田先生も辛い


そして、沖田先生が壮大の横にぴったり座ったのが、何故か萌え(こらっ)


壮大も幼馴染の沖田の前だから、涙を見せられたのかもね



うわぁ、山本先生を巡って、羽村先生と壮大のバトル

あぁ、2話でマスコミにリークしたのは、やっぱり羽村先生たったのか



沖田先生の真似をして手袋を飛ばす井川先生
まだ下手くそなのが笑えて癒される(笑)



沖田先生のオペで、ちゃんと治せたことに安心するも
黙っててほしいとお願いする羽村先生


「わかってるんじゃないですか
ちゃんと向き合わなきゃいけないってこと」

沖田先生に言われ
医者としての良心と、山本先生のミスを隠すことで悩む羽村先生も辛い



「誰が逃げるか」
沖田先生の中の人とかぶる


いきなり沖田先生を殴る羽村先生
「何も守るものがない君には
わからない、気楽でいいよな」
の言葉に沖田先生もキレる



「大変なことって何?」
自分の症状と周りの態度で、鈍感な(笑)深冬先生も
なんとなく気付き始めたかな


「パパこれから帰るからね」
いつもクールで家庭の匂いがしない羽村先生もパパなんだね

そして、山本先生からの留守番電話に、感情を露わに泣く羽村先生



深冬に伝える前
ネクタイを直して、白衣を着る沖田先生、カッコいい



結局、提携話は上手くいったのか

何も話してくれない壮大
「私はあなたの何なんですか?」
愛人でもある顧問弁護士も、ある意味辛いよね



深冬に腫瘍のことを伝える沖田先生に
「おめでとうって書いてあったね」と言い出す深冬


何度も何度も見直したという
メールの返信と腫瘍のデータ

「私、医者よ」

「僕も医者だ」
「諦めない限り可能性はある」

ぐっとこらえる深冬の顔は、今まで見たことのない表情だった

まっすぐ見つめる沖田先生



あ〜、沖田先生も切なく辛いけど
みんな、それぞれ葛藤があって辛かった

深冬も自分の症状を知ってしまって
予告で沖田先生、深冬を抱きしめてたよ
早く続きが見たいよ〜


「無限の住人」の前売り券ゲットしてきた〜

クリアファイル付きだから、一人2枚までだったけど
普通に前売り券、もっと欲しいんだけど・・



映画雑誌のMIYAVIさんとの対談
とてもいい内容だった

MIYAVIさんが、映画を理解して主題歌を作ってくれただけでなく
拓哉のことも理解してくれていて嬉しい

せっかく用意できてるんだから
消極的な拓哉の背中をもっと押してください




ワッツは、ドラマの話

沖田先生が飲んでいる野菜ジュースの味は?

「美味しいですよ」

「フルーティな飲みやすい、ゴクゴクいける」

拓哉と同じ年の美術スタッフが作ってくれている


「自動販売機の一番下の一番左に売ってるという設定になってます」




細かい質問

ナイキのエアマックス95をはいている

「95とか、逆にわかんないんですけど」

「ノークッションの靴で執刀中ずっと立ちっぱなし」

「身体にかかる負担を考えて、スニーカーを履かせてもらってる」

「スクラブがあのカラーで
匹敵するのがあるなと思って持ってきました」

「検事の時はスタッフが用意してくれたもの」





オペ用の滅菌手袋のサイズはいくつですか?

「7です」

「滅菌手袋をはめる瞬間はスイッチが入る」

「広げてくれる人の所作によって、はめやすかったり、はめにくかったり」

「柴田さんが広げてくれる」

「(文乃ちゃんは)何気に感謝してますね」


いいコンビだよね
役だけではなく、文乃さんのこと好きそうだし(笑)




聴診器のチェストピース
ポケットに入れる時は下向きに入れると習ったけど?

「これは、確認した方がいいですね
でも遅すぎますね」




歯科医院で働いてる方より
ドラマは院長はじめ全員見てる

「これは、嬉しいなぁ
現場に立つ自分に一番の活力になりますね」




足肺動脈の確認の仕草があると現実的と。

「まだまだ勉強だなぁ」

「オペ内容が一緒でも、血管の走り方だったり違うんだろうし」


「この前
スケジュールを見たら2日間、手術があって、楽しみです」



ドラマで臨床工学技師は見ない
アドリブで「臨床工学技師ポンプオン」って言ってください

「人工心肺の機機械所のところに臨床工学技師スタッフ2名います」


「ドクター一人じゃ何も出来ないんですよ
みんながいないと成り立たないですからね」



凄いね、さすが医療関係者の方は、色んなことに気付いてる
それだけ真剣に見てくれてるってことだよね。


明日は、もう5話だ
羽村先生の回だね



主題歌

「A LIFE」もリピしたいし、「無限の住人」も動き出したし
雑誌も整理しないといけないし
あ〜忙しい(嬉しい悲鳴)


稲葉さんのB’zに続いての、MIYAVIさんの援護射撃は嬉しい。

一流は一流同士、惹かれ合うし
個人的に応援してくれてる気がする。


公式のMIYAVIさんこコメントも嬉しいな

その中で、「一人のシンガー」と。
前に、ソロをやらないんですか?と言ってくれたMIYAVIさん。

拓哉のアーチティストとしての魅力もわかってくれている。


拓哉も
「彼にしか出せないリズムと、彼にしか浮かんでこないリフ」
きちんと聴いて受け取っていて、MIYAVIさんも嬉しいと思う。


何かの番組で、二人でコラボしてくれないかなぁ
映画の番宣が本格的に始まった時は、お願いします。



前売りもいつ発売になるのかなぁと思っていたら、
今週末にやっと発売。
何枚買おうかな(笑)





A LIFE 4話

4話も面白かった
沖田も壮大も深冬も柴田さんもみんなそれぞれが辛くて
胸がドキドキするよ〜沖田先生、助けて(笑)

そんな中の井川先生に癒される(笑)



何て言うんだろう?
振り返った沖田先生は「本気で言ってんの?」


壮大は深冬のこと本気で心配してるんだよね


そっか、もんじゃもキャベツ抜き(笑)


提携かぁ、壮大も経営者として戦略を打ち出す


沖田先生のこと気になる井川先生
脳のこと調べてるって気付いちゃったよ


あ〜羽村先生のプライド傷ついたよね


この病院飲み込むつもり
華麗なる一族、思い出す



沖田先生のご指名で、嬉しさ噛みしめる柴田さん


肉オンリーの沖田先生
野菜と肉と別れて焼いてるし(笑)

なんでもかんでも突っ込んで質問する井川先生(笑)


結婚考えていたんだぁ、深冬と。
壮大にプロポーズされたとのメールにショックを受ける沖田先生



沖田先生が野菜まったく食べないことも気になる井川先生

結婚考えていた人がいたことを深冬に言っちゃった


片山病院での出来事もペラペラと正直に話す井川先生



「辞めます」辛いね、柴田さん


柴田さんが辞めると聞いて、井川先生も辛いね


ヤケになってる柴田さんに
「もう、いいよ」
「辞めて正解なんじゃない」

「ナースを認めてないのは自分自身だろ」

沖田先生と柴田さん、すれ違って辛い



深冬は柴田さんを慰めようとして、余計に傷つけてしまった

そして、「不器用な沖田先生を庇いたかっただけですか」
弁護士さんも鋭いし、壮大のこと愛してるんだね



柴田さんとデートできて、はりきる井川先生、可愛い


違うオペナースの器具出しに、イライラする沖田先生


ちゃんと言わないと伝わらない
不器用な沖田先生



柴田さん、家庭の事情で医学部に行けなかったのでは
と思っていたけど、そういうことだったのね



「俺が切る、俺に切らせてくれ」

「1秒の遅れが、トータル15分の遅れにつながる」

「切るのは俺だ、お前じゃない」
壮大に深冬への思いを主張したかのようだ



すれ違う柴田さんを呼び止める沖田先生の不器用さ

柴田さんのお礼に、深々と頭を下げる沖田先生がよかった
そして、その後の笑顔がいい

緊張したんだね、ちゃんと言えてよかったね〜(笑)



もしもの時のカードって何?


壮大は深冬のオペを重ねて見てしまって
過呼吸になる程、深冬のことを心配してるんだね



自分が説得して柴田さんが戻ったと思ってニコニコの井川先生(笑)



柴田さん「沖田先生とオペできるから」
深冬に挑戦状(笑)



「私っていつ振られたの?」
今更、聞く?
沖田先生は振られたと思ってるよ


片山病院へ出向いての謝罪、深冬の為に必死な壮大



あ〜おしゃべりな井川先生、深冬の脳のこと知ってしまった


倒れた深冬に初めて「深冬!」って言った気がする


ついに倒れてしまった深冬
どうなっちゃうの〜

来週の短い予告だけで、早く見たくて仕方ない




PS
Rさん、ワッツでの嬉しそうで楽しそうな声を聴くと、本当によかったね、と思います


LINE

LIFEのタッドとの対談
拓哉が現場が嬉しくてしょうがない気持ちが伝わってくる
タッドと共演できてよかった


そして、ワッツも楽しそうに語る拓哉


節分、年の数の豆を食べる
「40個以上食べたら、口の中で練り物ができる」



木村文乃さんと共演
同じ「木村」共演は、木村佳乃さん以来

現場でスタッフは、役名か、下の名前で呼ばれる

沖田先生、たま〜に木村くん


ポスター撮り、合成ではなく全員で撮影

「こんなにフルネームで呼ばれることねーよなと思いながら撮影」

「ふみふみ、ふーみんと呼んでる」



「王様のブランチのインタビューが効いてます」

竹内結子さんは、ゆうゆ

けんけん

タッド

ミッチー

菜々緒さん
「沖田一光としては、接点がないので、残念」


「たっくんと呼んでくれるのは、ミッチーしかいない」

「前日で凄い近いのを感じます
男同士でなんでこんなに近くに座ってんだろうっていつも思うけど
近くに座ってます」




どうやって、台本を覚えますか?

「どこまで漢字が続くの?って術式だったりとか・・・」


ケンケンが
「台本の内容を大学ノートを横づかいにして書き写してる」

ケンケンのまね(笑)

「台本の中に、この言葉大事だなって言葉を
色付きのボールペンで囲ってみたり」




モニタリングで「シューちゃん」

「シューちゃんは、スタッフに言われて
あれはセリフです」


ホイップクリーム派?カスタード派?

「両方入ってるのが一番美味いですよね
派閥は無しだとは思います」


「シューちゃんをウラッ返した所のまん中から
う〜と吸うと、中からどどぅ〜んって出てくることない?」.



「ナポリタンは赤いほうが好き
麺は太麺すぎてもねぇ」

「ナポリタン食べる時は炭酸欲しくなる
パルメザンも」




大量に買ったクッション
「実際にキャストのみなさんにお配りしました」

「柄本明さんは、あれ凄い女房が喜んでさぁ、ありがとねと」

「タッドは、本読むときいいっすね」


「キャストのみんなでグループを組んでるので」

「みんな撮影やってんな
俺はなんで半蔵門にいるんだろう」


「あ、へんな写真なっちゃった、も一回」

「ラジオやってま〜す」

自撮りしてる(笑)
いいなぁ


「オレ今、ラジオ中、送りました」

「ラジオなかになっちゃった
ヤベっ、もう既読になった
恥ずかしい」



週刊朝日の白いニットは地肌?

「着てないですね、インナー」


「充実してると色んな疲れも忘れちゃいますね
楽しんだもん勝ちですよ」


ビートフルデイ
ライブの時は盛り上がって好きだったなぁ(遠い目)


「ヤベ、既読がスゲエ増えてってる」


アライフチームでもグループLINEやってるんだね
拓哉が現場が楽しそうで、私も嬉しい





 | ホーム |