宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BG 9話

BGロスです

クランクアップの写真の拓哉
いい笑顔だったなぁ




クライアント命令でお食事に誘う愛子先生
返事をした島崎もちょっと嬉しそう


瞬から電話

「部屋ちゃとと片付けていけよ。
いつ死んでもいいように、これ基本」
いつも聞いてないようで
ちゃんと、お父さんの言ったこと覚えてる

「俺、死なないから」
そう言われて、瞬くん顔が嬉しそう
あーなんか泣ける💧




「どうするんです?ザッキーさん」
すっかりザッキー呼びの高梨



男に騙されたと菅沼が告白した時の沢口の顔(笑)



家に集まった報道陣を突破する方法を
無言のゼスチャーで指示する島崎がカッコいい!



「親父のこと嫌いだった」と語る課長の息子を
島崎は自分の息子と重なったかな


やだ、誰か侵入してきた

暴漢と闘う島崎
ひゃーバキッて腕が鳴ったぁ

相変わらず見事なアクション


「病院行くんで、大丈夫です」
大丈夫じゃないから〜


高梨が島崎にお見舞いのイチゴ〜

島崎「お前のそういうの、くせになってきた」




「これは村田課長の名誉を回復する為、身辺警護課で請け負った任務だ
必ず成功させよう」

「丸腰で行くぞ」

カッコいい!


「誤差なし。各自・・・」
村田課長の机に向かい、頭を下げるチームBG



島崎が「お前のこと信じてる」って告った
そして、高梨と見つめ合って渋い顔

「自分も・・」高梨言いかけたのに



あ、警察に気づかれた
ドキドキ

ここへ来て、警察をまく高梨のアクション



あー落合に見つかったぁ

「守りたいんです。
守りたい人がいるだけです!」


出たぁ、落合のICレコーダー
なんと落合が告発すると


清田さんが落合側に付いたぁ

「官民協力です」

みんなでレコーダーを再生する落合を守った


村田課長の仕事ぶりが、BGだけではなく
かつての部下・落合にも伝わり、その落合に付いたSP達にも伝わったということだよね



村田課長の最後の音声
う〜課長〜💧


わぁ、島崎の私服

あ、瞬くんが帰ってきた
「ただいま」「おかえり」

やっぱり瞬くんは、お父さんのところがよかったんだ


「女に振り回されるのも男の役目なの」



愛子先生とお食事だけと、元奥さんに貰った時計を見つめる島崎

待ってたのに「今来たはかりで」

「すいません」と何を謝ろうとしたの?



落合から島崎へ直接電話
警備専門員へのお誘い

「警護対象者には上も下もないと思ってます」


落合は愛子先生のこと好きだったのかな



身辺警護課に新人が入った
島崎は課長代理に。


島崎と高梨は、永ちゃんの警備
この3人が歩く絵は凄いなぁ


これは絶対、続編あるよね?
拓哉も句読点だといいなって言ってたし。


富川アナのコメントも最後かぁ




スポンサーサイト

BG 8話

ワッツで拓哉が言っていた
小学生がテストの解答用紙で「誤差なし」と言ってるのを聞いて
目頭が熱くなったという上川さん

また、みんなで「誤差なし」と言えるといいな
課長の無事を祈った一週間だったけど・・




記者「一般人が死亡したんですよ」

愛子先生「尊い命が失われたことは・・」

えー!
思わず声に出してしまった


課長のお葬式なんて・・・やだぁ


棺の上に置かれた課長の時計
その時計と「誤差なし」

涙無くては見られません
村田課長💦



暗い雰囲気のチームの中
新しい仕事を続けようとする島崎


そんな時に、サスケフーズの会長が再び警護の依頼をしてきた


落合は、警察組織、課長が亡くなルカったこと
やっぱり納得いってないよね


沢口が辞めると言いだした
でも島崎は「僕は一人でもやるよ、他にできないし」



愛子先生が忠告しにやって来た
「身辺に気を付けてください」

事件のことは見ていないと会見したけど、せめてもの償い?



相変わらず「ただいま」に返事なしの瞬

「これ食う?」カップラーメンをチラ見せ(笑)

親子で同じテーブルで啜るラーメン
島崎の瞬を見る目が切ない

泣きそうになって後ろを向いて食べる島崎
涙を拭っていたね



初BGの沢口の顔が怖い(笑)

菅沼もちょっとだけど初アクション


会長
「あんな報道は信じてない、村田課長を信じる」

そう、どんなこともマスコミ記事よりも、本人を信じるのみですね



証拠があればと
課長のボイスレコーダーのデータに気付いた高梨

でも、警察から戻ってきてない



高梨が自衛隊を辞めた理由を語り始めた
なんだかんだと言いながら、島崎を信頼してるからだよね



沢口、辞めるのを辞めると。

菅沼がみんなで撮った写真を出してきた
また泣ける

沢口の写メも5人が写ってる貴重な写真だな



瞬の寝顔を見る島崎の顔がまた切ない
そして手を握る


「お母さんのとこに帰れ」
「勝手なことすんな」

「どのくらいチカラ強くなった?」と手を握る

父と息子の別れのシーン
「色んな所へ行けよ」
父親としての愛情、目が潤んでる

歩いていく息子の後ろ姿を見つめる父親の顔が切ない


瞬も、お母さんの優雅な豪邸よりも
狭いマンションでカップラーメンを啜るお父さんとの生活がよかったんだよね



返却してもらったレコーダーの事件時のデータは消されていた
途方にくれるBG達


落合が、大臣に村田のことを語り始めた
落合も辛いんだろう


島崎が愛子先生に訴える
真実を語ってくれと。

「権力も武器もない我々が唯一持っていたものを奪われたんです」



「いっそ島崎章に消えてもらいましょうか」
姑息な真似をしたくない落合、何か企んでる?



愛子先生が大臣を辞職し「事件の真相を公表します」

SPが必要なくなったけど、逆に愛子先生のBGが必要なんじゃ?


やだ、最後に「さらばボディーガード」と。


課長が亡くなったことも悲しいけど、
来週でドラマが終わってしまうことも悲しい


課長の名誉の為に、頑張れチームBG

最初から最後まで、涙、涙の8話だった




BG 7話

予告で衝撃的なことが起こるんだろうとわかっていたけど
ネタバレはイヤなので、テレビ誌は読まないようにしてた


そしたら、まさかの課長が💦

高梨のツンデレも
仁美との息ぴったりの様子も
吹っ飛んでしまった
あまりの衝撃に放心状態になってしまった




落ち着いて、リピ


菅沼に「元妻と不倫も斬新じゃない?」と言われた時の島崎の顔(笑)


課長「外科医も身内の手術はしたくないって言いますしね」

アライフを思い出すセリフ


島崎がBGをしないことに、不満そうな高梨


仁美の再婚相手がお金持ちは本当だったんだね
立派なお宅



あ〜やっぱり幹事長の元秘書が何か起こすんだ



高梨が島崎を誘って居酒屋に

「あなたがBGをすべきです」
注文も話を終わってからじゃないとさせてくれない高梨(笑)

高梨がいつも以上にムキになってるのは
仁美に嫉妬してるに違いない(違う)

で、2人同時に「かわ」を注文しちゃってる
シンクロしてるじゃん



愛子先生も、おじさん政治家達相手に、苦労してるし大変なんだね


課長が島崎の家の前で待ち伏せして、報告書を持ってきた

あら
瞬がイケメンと言っていた報告書の旦那の写真のページはすっ飛ばし(笑)


お客さんが家に来ていても、態度は変わらない瞬

課長の家にも息子さんが。
離婚の危機もあって、だからこそ、島崎のことを理解できるんだね


課長と肉まんを食べてる微笑ましいシーンは
最後を見た後のリピでは、涙が出る



「誤差ありあり」
あ〜今後起こる何かを暗示しているよう

課長か腕時計を貸してくれた



いつもの腕時計は仁美のプレゼントだったのか
若い頃の2人
「あのさぁ、俺、一生守りたいんだけど」

抱き上げて、くるくる回った〜メリゴーランド
ロンバケみたい
そしてチューしたよ、提供テロップが邪魔(笑)

きっと2人とも22年前を思い出したに違いない




「日の出警備保障の島崎です」
仁美は島崎の時計を見たね
今日はたまたま課長の時計してたから
もうプレゼントした時計はしてないんだと思ったよね


硬い言葉で、あくまでもクライアントとして接する島崎


「よかったですねぇ、素敵な旦那様に巡り会えて」
ふふ、ちょっと嫉妬してる?


あら、また愛子先生、登場

愛子先生は島崎のこと好きだよね
「一度お食事でもいかがですか」
「男をからかうような発言は好きではありません」
先週カットされた(?)誘っていたのね


「先生も誰かの為に尽くされる仕事じゃないですか」
その言葉に救われたような愛子先生



何かの記事で、拓哉と山口さん
2人の走る脚が見事にシンクロしてるって読んだけど
本当に息ぴったり


犯人は、仁美の旦那の元恋人だった


「返して」という元恋人に
「さとしさんは私のものではないです。誰のものでもないです」

また、このセリフで、現実のあることとかぶるなぁ(笑)



島崎が食事に同行すると知って、感のいい課長は島崎の時計を届けようと思ったんだね


「大人になったねぇ」と言われてメニューで顔を隠す島崎かわいい


せっかくの2人の食事の席に、SPの物々しい警護が。

で、愛子先生
「やっぱりプライベートじゃありませんか」
嫉妬してるみたい



時計を届けてくれた課長
「今日、必要な時計なんじゃないかと思って」
課長の時計も奥様にプレゼントされたんだ
「誤差」「なし」

今はリピだから
笑いあう2人の姿に涙が出るよ


そんな時に、あの元秘書の姿を見つけてしまった

課長はボイスレコーダーにスイッチを入れたね
来週、それが役立つことがありそう


関係ない席の客達にも銃を向ける元秘書

そこへ、立ち上がる島崎

「死ぬ前に一言だけ言いたいことがあるんで」

仁美に一言謝りたいと
「俺が悪かった、ごめん、申し訳ない」

何かを訴えるように仁美を見つめる島崎

そして、察したのかのように仁美も立ち上がり、夫婦喧嘩を始める

さすが元夫婦
中の人達も息ぴったり

その間に、落合が近づく

「行け」と仁美を外に


最初に見てる時は、この緊迫した状態の時に
部活で遅れてきた瞬が巻き込まれて撃たれるのではないか
とも思っていたけど、違った



事務所に残った3人
菅沼「奥さんといい感じなんじゃないの」
高梨「元な」とやっぱり嫉妬してる(笑)



落合が銃を置いた
丸腰になったのは、多少なりとも島崎の影響もあるよね


じりじりと課長も島崎に違いてくる


「待ってください、先生!無駄死にをさせてはいけません!」
課長!


銃を向けられた島崎を課長が突き飛ばした

まさか、課長の脚を撃たれていたとは。
「やられたねぇ」と冷静な課長
「心臓じゃなくてよかった」



救急車で運ばれる課長

仁美と瞬の元に行く島崎
「ありがとう」
「任務完了」
「お母さんのこと頼んだぞ」

瞬、ちょっと寂しそう


救急車に、謝りに来た落合に
「誰かも死ななかったから、いいじゃないか」と課長
そうだよ、課長が死んだらダメなんだってば。


「時計、大丈夫だった?」
「6時14分5秒」
「誤差なし」

やだ、最後の誤差なしじゃないよね?


妻の警護
「やってよかったです
夫婦だった時間は消えてなくなるもんじゃないんだな
ありがとうございました」

島崎が課長に感謝の言葉を述べたのに、急変した課長

えー、嘘でしょ
課長ーやだよー!

涙が止まらないよ
どうか助かってください


来週まで、待てない







BG 6話

孫役の子と踊って笑顔のLINEの写真、いいよね



元妻登場のドキドキの6話


仁美に「とっくに他人でしょ」と言われ、白目になる島崎
ショックよねぇ

「仁美じゃなくて・・キミ」
昔のように呼べばいいのに、気を遣ってる


依頼人の無言電話という話に
ドリンクを吹き出しそうになる島崎


BGは誰がやるかって時に
沢口「ザッキーじゃないですか」
呼んじゃってるし(笑)


高梨の歓迎会やるっていうのに
「時間の無駄なんで」
島崎曰く「恥ずかしがっちゃって」素直じゃない高梨



また、元総理の家で島崎達と落合、鉢合わせ
面白くない落合


島崎「安全と誇りをお守りします」

課長と島崎、動きや立ち姿がカッコいい


玄関先の石に気づいた島崎
いつもながら、よく見ている


落合は、民間を敵視してるけど
姑息な真似はしたくない
真面目な落合、過去に何があったのか



乱入男に、共に外に出ようとする島崎を落合が止めるが
「狙われてるのは我々のクライアントです」

落合に続いて、とっさに男を捕らえる島崎、カッコいい


「先生ー」と乱入しかけた男が萩原聖人とは気が付かなかった(汗)




自ら「いい感じになってきたチーム」と沢口

高梨のことも見てると言われて、ちょっと固まっていたけど、
高梨も過去に何かありそう
結局「どんだけ鍛えてるんですか筋肉」だったけど。



元総理の娘さんは、離婚したけど、まだ指輪してるのね
望んで離婚したのではないと思われる



課長も過去を島崎に告白
「できの悪いSPだったから」

「そういう人に限って優秀ってのが定番なんどけど」と島崎
そう思う。特に課長はね。

発泡するという大変なミスをしたのかぁ

立ちながら会話する大人の2人がいあ

「僕もボディーガード辞めた時、向いてないと言いきかせてきました」

「今の方がやりがいある」と課長はやっぱり素敵



元から総理に「あんたが付いていて、どういうことなんだ」と怒られ
島崎は総理の後ろにいたのに、パッと前に移動して
みんなと同時に頭を下げる



必死に探す菅沼に
高梨「お前のそういうとこ嫌いじゃないけどな」

高梨は、島崎だけにして〜(違う)



「気軽に触らないで」に即「すいません」と子供に謝る



家に帰り「ただいま」と言っても
無視する瞬は相変わらず

「そんなにお父さんがイヤだったらお母さんの所に帰った方がいいんじゃないの」

瞬「あなたが寂しがるから、いてやってるだけだよ」

本当はお父さんのこと好きなのに、素直じゃないんだから


炒飯
「食ってやるよに作ってやるよ
ありがとうございます、涙が出ます」

「バッチこい反抗期」

お父さん頑張ってます(笑)



村さんのお誘いには来るんだね落合
昔の借り?
頼んでもいないので、身代わりで警察を辞めた?



全員で「誤差なし!」


「普段通りの生活を送ってもらうためのボディーガードです」


子供達の後ろを歩く島崎と高梨の目線と時計を見るタイミングがシンクロ


ADの役をする高梨(笑)


また愛子先生に会いましたね
「今だったらお話しても大丈夫です」と話しかける愛子先生に
「今、職務中なんで」


子供をトイレから出した愛子先生
島崎の役に立ちたかったのね



誘拐犯だと思われたのは、元旦那さんだった
そうではないかと何となく思ったけど。


元総理が投げたクマさんを高梨がキャッチして
無言で島崎に渡す(笑)


怒る元大臣を止め
「先生は私達に命令しました。安全と誇りを守れと」
島崎は頭を静かに下げる



誰にも狙われていないとわかり、気が抜けた元総理

「安全だとわかってよかったです
それが一番じゃないですか」

立ち上がろうとして、よろける元総理を支えてとっさに「すいません
前回と違って、しっかり島崎を支えとする総理
すっかり、普通のおじいちゃんになってしまった

そして、娘夫婦家族を取り戻した


毎回、島崎の警護は、危険から身を守るだけではく
警護対象者の背景、絆や思いのようなものまで守ってる



「一度注目を浴びた人間はそこから降りられません
だから現実を知らせました」

「優しんですね」

相変わらずツレない落合だけど、何か心に響いたに違いない


BGチームみんなで飲み会

時間の無駄と言っていた高梨だけど
「これも任務の一環」だと素直じゃない

「写真は遠慮します」と言ったので
携帯を渡されカメラマンにされた高梨は
「何かが欠けてるのは美しくない」
と店員に撮影を頼む(笑)

そして結局、笑顔で写ってるじゃないですかー!高梨



元妻と会う時はジャケットの前を止めてるのね
座る時にぱっとボタンを素早く外す

「ごめん待った?」
「デートみたいなこと言わないでよ」
微妙な空気の2人

「誰かに狙われてる・・守って、私を」


わ〜来週はいよいよ仁美を警護するのね〜


毎回、富川アナ
「いかにチームが一つになるのが大切か」
BGの話題をしてくれて、いつもありがとう


で、予告で、誰か撃たれるの?
どうなるの〜?


そうだ、ヤマトの撮影の頃に
ちょうど「眠れる森」再放送やってた頃だったので
橋爪さんに、拓哉の演技について
「なんで、あんた、そういうことできるの?」
と言われたんだよね
(当時のブログに書いてた)

元総理の橋爪さんが拓哉が素晴らしいですと言っていた
そんな橋爪さんとまた共演できて
よかったね



BG 5話

昨日は、山口智子さんとの映像が流れて
役では元夫婦だけど、楽しそうな撮影現場だなぁ



BGは、どの回もいいけど、2話が一番好きだった
そこへ、この5話がきた!


ボルトが落ちてきて
天井から何か落ちるのではないかと思っていたけど、
倒れた河野に手を握られ・・

あ、夢だったのか?
このことが、ずっと島崎を苦しめてる


元奥さんからは、瞬を育てたいとメール

瞬がベッドで寝てるから、お父さんはいつもソファーで寝てるのね


朝ごはんを用意するシャツの後ろ姿が素敵

「試合でも見に行こうかな」と
瞬とコミュニティケーションを取ろうとするお父さん

柱から顔だけ出してるの、LINEのスタンプみたい(笑)



サッカー関連のBGとわかって固まる島崎と
鋭い視線でみる高梨

そんな高梨はBGに島崎を指名すりけど
島崎はしどろもどろで、沢口を指名する


パソコン画面の河野を見る背中が、過去を物語っているよう


河野は、BGに島崎を指名し、戸惑う島崎に
理由も聞かずに、任務を断りましょうと言う大きな心の課長

「いえ」
と立ち上がった島崎だけと、沈黙が続き
ボディガードだったことを告白

BGチームの微妙な空気の中、
深々と頭を下げる島崎

しっかりやろうと切り替える素敵な課長



「ザッキー」と呼んでたんだ
当時、河野は島崎を信頼していたんだよね、きっと。

「出発まで見送ってよ、今度こそ」
島崎の表情が一瞬固まる


昔のようにペンを借りた島崎だけど、サインはしないという河野に戸惑う
そんな河野にしてしまったことで、過去の責任をより感じてしまったに違いない


愛子先生、島崎に声をかけるのかと思ったら、河野に声をかけた

「政治家って、知ってることがたくさんある」
愛子先生、何気に恐いわぁ


車の中で、河野と高梨の会話に
島崎は微動だにせず聴きつつ
目の動きで心理を表しているのが伝わる


空港に到着して、シートに固まったままの2人


高梨は「ザッキーさん」と呼んでるじゃないか(笑)


「出発を見送れとおっしゃいました
これは出発ですか!」

「あなたはスターでした
人に夢を与えてきた人間は、どんなことがあっても逃げてはいけない」

名台詞、出ました!
どんなことも逃げない島崎の中の人とかぶる


阿吽の呼吸でバッチを外し偵察に向かう高梨と菅沼


あの事故は、目の前の子供達を救った為に
クライアントの河野を守れなかった

「今はクライアントの命令に絶対服従を貫いています」
と説明する課長

目の前の命を守るのか、クライアントを守るのか
BGにとって難しい問題だよね

でも島崎は「今度は離れない、そうお約束しました」



「嫌ってるのではなく、嫉妬してるのでは」
愛子先生の落合への指摘は図星だったのかな


河野は自首するのかと思ったら、ボスに訴える
「こいつ許せないんで」
言われた時の微妙な島崎の表情


あー、ボコボコにされる島崎
自分からは手を出せないんだよね

「私をクビにしてください」
「とっくにクビだ」

その瞬間、朦朧としていた目が鋭くなり、覚醒し
次々と倒していく
カッコいい!

[騙されています」と言いつつ、河野を一発殴ってから連れ出す


落ち込む河野に
全てを受け入れようと黙って手を指す出す島崎の大きな手

逃げる河野を追いかけ
「今度は離れないと言ったはずです」

また心を開いたのか
息子にサインボールをあげた話をする河野
サインボール、部屋に飾ってあったね


連行される河野に、さっとペンを渡し、今度はサインする
そんな河野を見て、島崎が涙目に


「本当は恐怖心から勝てなかった。
子供達を助けたのは間違いじゃない。
最後まで送ってくれてありがとな。
じゃあな、ザッキー」

過去の自分を責めていたものから解放された瞬間
島崎が泣いている


そこへ「お疲れ様でした」と集まるチームBG

「ザッキーと呼んでいいですか」
「うーん、断る」

いいチームだなぁ


愛子先生、ザッキーの声を聞きたくて電話しちゃった

ちょっと放心のザッキー


このドラマに恋話は必要ないけど
先日の雑誌の拓哉とリリーの雰囲気がよかったからなぁ
なんて思っていたけど
元妻の南(違う)の出現で、愛子先生とはどうでもよくなった(笑)


落合、「村さん」と当時は慕っていたのかな

「あいつらの為ならとことん闘ってやろうと思える」
素敵な課長



予告の最後
何ですか、みんなで笑顔で「誤差なし」は?

6話も楽しみ〜



BG 4話

やっと休みだぁ
帰ると寝てしまうダメダメな毎日だったので
ワッツも聴いてないし
今日は5話だというのに、やっと4話をリピ



「なぁ、今のお母さんだろ?」
なんか普通のお父さんっぽくて萌える(笑)


「どんなアレなの?」
元妻の再婚相手のことを素直に聞けない島崎(笑)


瞬に「関係ねーじゃん、とっくに離婚してんだから」
と言われて、鞄を落とす島崎
ふふ、ショックなんだ


「10歳若くて、超カッコいい」という再婚相手
見てみたいわぁ(笑)

カーテン閉められ、地味に凹んでる
元奥さんに未練ありそうだね




交代させられた愛子先生のSP清田さん、なんか可哀想


ははっ
「高梨さんもそれなりにオッさんですから」
って言われちゃった(笑)



愛子先生の任務、SPに見られたら、それでおしまい
あ〜ドキドキする


おかしいと気付いた高梨だけど
自分で知らせずに、受話器を菅沼に突きつける
素直じゃないんだから、子供みたい(笑)



「前代未聞ですね、SPが対象者を見失うなんて」
お、高梨、やるじゃん



落合も大変だ、上司に「何もありません」と嘘の報告


検問だ、ドキドキ・・・
あれ?いない


そうか
警備員をしていた経験から、トンネルの地下での移動

「人生、無駄経験などないんですね」


雨水がしたたり落ちて、躊躇する愛子先生に
ジャケットを被るよう渡す
もう、この時点で、素敵って思っちゃう(笑)


そして、階段でコケそうになった愛子先生の腕を掴んで、助ける

いやん、スローモーション
まるで、恋に落ちた瞬間みたい(笑)


「他人じゃありません、クライアントです」
島崎はあくまでもクライアントを護るんだもんね


愛子先生が、娘に会いたいと、本当のことを島崎に打ち明ける
島崎なら信用できると思ったからこそ。


「一目だけでも顔が見たい
それが本当の依頼なんですね」
真の任務を理解した島崎

フォーマルな服装に真珠のブローチにネックレス
さすが、いつも色んなことに気付く島崎


「誰にでも人には言えない過去はあるものです」
島崎は自分の過去のことを思ったに違いない



主賓の会長に会った後「ご苦労様」と言われたけど
「私の任務はまだ終わってません」

そうだよね
娘に会いたいという真の任務を果たそうとするのが島崎

SPの車を教会まで誘導

愛子先生の涙に、涙
ジーンとしちゃった・・・

「島崎さん、任務終了です」



さっきから怪しい人は、凶
違う、あのサッカー選手だったのか



高梨は島崎のことを「案外好きなのかも」
「あ、そう?俺も好きだよ」

あら、相思相愛じゃん(笑)



「上手いじゃん練習したんだ?」
息子とコミュニケーションを取ろうとするお父さん


元奥さん、仁美さん
「瞬のこと、ちゃんと話さないと」
って自分が会いたいんじゃないかなぁと思っちゃった



次回も楽しみ
って、もう今日じゃん(笑)


LINEスタンプも買ったし、楽しい
何回もボイスを聞いちゃう





BG 3話

ついに、Jプロもネット写真解禁
でも無制限ではなく、会見や舞台挨拶などに限られるみたいだけど
それでもいいと思う

拓哉のBGのLINEも
プライペート安売りではなく、ドラマに関することだから、いいと思うしね




さて、3話

ネクタイ緩めて、ビールを飲もうとする仕事上がりの島崎


瞬はボディガードをしてるお父さんのこと心配だよね


課長は
島崎と高梨は気が合わなそうに見えるけど
いいコンビになると思って
わかってコンビを組ませたような気がする


言葉を発しないで目で指示する高梨(笑)


一億円が旧札だったことにも気づいていた島崎
いつも色んなことを注意して見てるんだなぁ


社長が落とした携帯、ナイスキャッチ


「あの子の夢を叶えるのも社長の使命」
島崎はそれをも守ろうとしたんだよね


落合が、愛子大臣の警護のこと「相性も必要」と
島崎に多少なり影響されてきてる


犯人に「そこにいる二人は」
と言われて同時に身を乗り出す島崎と高梨


風船が割れた時の島崎の瞬時の動き


「なんなら、素っ裸になりましょうか?」
なって〜と思ったことは内緒です(笑)


社長の両隣に立ってる島崎と高梨がカッコいい



「BGの任務は社長と一億円を守ることでしょ」

接触してきたチンピラはグルだと思った高梨と島崎
気があったねー

キター!!
島崎と高梨の「誤差なし」


かのんも騙されていたのか


中の人と違って、島崎は高所恐怖症なのか
ん?島崎の演技なのかな


なんで、鞄そこに置く?

あー!

見事な柵越え(関心してる場合じゃない)

犯人達も駆けつけ、それを狙ったのね


鞄を落として、犯人達が気をとられてる間に
自ら這い上がり

「追加任務できました」
次々に二人を捕らえる一連の動き、お見事



警察で、二人で黙秘してる(笑)


島崎のことをよく思ってないけど、辞めることは望んでない高梨
気になってしょうがないんだよねー


落合はなぜ、民間のボディガードをそんなに敵視するのか?


あーあ、おっさんがソファーで寝ちゃってる(笑)
可愛いなぁ

わざわざ、寝てるお父さんのサイドに座って食べる瞬

ソファーから落ちて「がふっ」って言ってる(笑)
爆睡だね


愛子先生、自ら事務所に依頼に来ちゃったよ
これもSPの目を盗んで来たんだよね、落合さーん(笑)


また、来週も楽しみ


BG 2話

2話も面白かった
ハラハラ、ドキドキだけではなく、人間ドラマで感動もした



「裸足じゃ帰れませんよ」
最初からいい声💕


靴を手入れしてる背中💕


息子とのやりとりがいい

「ちゃんと片付けしておかないとGが出るぞ」

ひぇ、ゴキブリのことか(笑)


ジャケットを着て動きの確認していて、ぱっと振り返って
息子が見てないフリする
面白い!




「これでも歳だけは食ってるから」
それマイナスでしかないんですけど。と言われたけど、
その経験が生かされてくるよね



高梨が集めて壁に貼っていた写真の過去の島崎がカッコいい💕
っていうかストーカか?(笑)

「おっさん」と言われてるし。
そう言われると、何故か嬉しくなる(笑)



「片時も離れず、何処へでもお伴します」

こんなボディガードが付いたら、何処にでも連れ回しちゃう(≧∀≦)
わざと転んでみたり(๑˃̵ᴗ˂̵)
不謹慎ですいません(笑)



捨てられていた広告だったり
「いつも」お買い物してるらしい高級靴だったり
些細なことに気が付く島崎



菅沼とインカムで会話してるのが面白い



姿を消し違う出口から出てきた奥様を
「奥様、お車はあちらです」
とてもスマートな対応の島崎


不動産の男と会った後の奥様の様子がおかしいのも気付いた。
ボディガードは、警護対象者のどんなことにも注意を払ってるのね。
それは、元敏腕ボディガードだった島崎ならではだと思う



スキをついて逃げられた
まだまだだな、若いBGさん達(笑)

そこへ「どうした?」と島崎
おっさんBGの安心感


うろたえる菅沼達に
「責任なんて取れないよ!
うちらボディガードは一度失敗したら、業界より締め出されるらしい」

やはり、あの空港でのサッカー選手のボディガードの時にあった?


出た!「誤差なし」




あの不動産の男は、過去の被害者家族だったのか

きゃ❤️お姫様だっこ💕



邪魔するなと言われ
「しますよ、ボディガードですから」
落ち着いた口調の島崎


そして、流石のアクション

今回、多くの人がアクションを褒めていたみたいだけど
そういう人には「ロイド」や「無限の住人」も見てほしい



「その人も、その人も被害者なんだよ」
なんか、この言葉にうるっときた・・・



奥さんを部屋に促し
「奥様もご主人のバカなところを見たかったんじゃないですか」
と言った後の顔が凄く優しい顔で寂しげにも見えた



裁判官が本当の気持ちを語ろうとしたところを
「ここから先は奥様と」と何も聞かずに去っていく島崎がカッコいい


そして、裁判官夫婦のシーン、よかったな
感動しちゃった



最後、車で追ってきたのは愛子先生だった

SPに知られずに、会いに行きたい人って誰だろう?



「片付けてたのは、いつ死ぬかわからないから」
いつも反抗的な態度をとってる瞬だけど、そんなこと言われたらショックだよね
本当はお父さんのこと好きだと思うから。

「おやすみ」に対して遅れての「あぁ」
はにかむ笑顔の父親としての顔


何故、離婚したのか気になる〜


他のBG達も
とてもダメ警官だったとは思えない課長が、過去にSP落合と何があったのか
高梨は何故、自衛隊を辞めたのか
色々、気になる



そして、3話の予告!
橋の上のアクションをスタント無しでこなしたって報道があったけど
橋を飛び越えてる、ぶら下がってるよー

もう撮影は終了してるから、安心だけど、ハラハラだね




 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。