宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


どの作品もメイキングは素晴らしいけれど
「無限の住人」のメイキングも素晴しく感慨深いものがあった


監督が仰っていた、終始万次であり続けたのは、演じる者に対する礼儀
まさに「すげぇ奴」


そして、メイキングは万次の太腿率高し💕(笑)



「三池監督のOKが早いので不安です」
拓哉的にはもっと監督にアドバイス、指導をしてもらいたかったと思うけど
監督の描く万次として完璧だったからのOKだよね


ウエットスーツを着ないで、ぬかるみに入り続け
上がった時に、太腿が真っ赤になってた


どんなに足場の悪い山の斜面でも、いつでも裸足に草履


この現場でお誕生日を迎えられて、よかった


「当分会えません」と言う花ちゃんが可愛い



若手俳優が全員、拓哉に「学ばせてもらった」と言っている

現場での在り方もそうだと思うし実際にアクションをアドバイスしてるシーンが多々見られた

確か、「武蔵」の時に香川さんが言ってたと思うけど
受け身が上手いから、相手が強く見えるんだよね



映画では微塵も感じないけど、
演技してない時に、手がガクガク震えていた
息の白さも寒さを物語っている




メイキングで、本編にないセリフ、アクションがあった
万次が凛と剣の稽古のしてたり
天津と凛のシーンでのセリフとか


花ちゃんのクランクアップ
自然に拓哉に抱きつく感じがいいな
その後、拓哉を見上げる花ちゃんの顔がね、女の子


槇絵戦で武器のタイミングが合わず、何度もテイクを重ねて
成功した時も自然と抱き合って喜ぶ

どちらも、いい関係性を垣間見た感じだ



鯖人のクランクイン
中の人、全然雰囲気違う(笑)



300人斬りで建物から飛び降りるシーンで
凛を片手でヒョイと持ち上げてた



冒頭の100人斬りで、映画では足元映ってなかったけど
やっぱり刀を足で蹴り上げてたんだね


この頃は、脚を痛めていたから
カットがかかって、柱に掴まっていた・・



売り上げもレンタルも好調のようだけど
このメイキングも多くの人に見てもらいたい


海外でも好評で
映画館で見なかったことを悔やんでる人もいたけど
ホント、この作品はスクリーンで見てほしい作品だったな





スポンサーサイト

共演陣

最近、仕事のトラブル続きで忙しく、萎えていたところに
ドラマ・BDの共演者発表!

江口洋介さん、川上隆也さん、斎藤工さん、石田ゆり子さんなど
嬉しい俳優陣

なんか、江口さんとはNGみたいな記事があったらしいだけど
元々、プライベートで親交があったよね〜

斎藤工さんは、スマスマのコーナーで一緒になってからは
お薦めの映画などメールする仲だし(ヤマトのこと忘れてた)
上川さんは、ミスブレで共演してるよね

石田ゆり子さんもお久しぶりだし
菜々緒さんは、アライフではあまり絡みがなかったけど
今度は同僚だから、がっつりあるかな

しっかりした俳優さん達と、どんな化学変化が起こるだろう

まだ、マスカレードホテルの撮影中だと思うけど、
クランクインが楽しみだね

ドラマの前には番宣もあるしね
何に出るかなぁ

海に行く暇ないね(笑)


あ、来週は無限の住人のBlu-rayも発売だ!



復讐劇

先日のワッツは、始まる前から眠くて
始まってからも、うとうとしながら一応最後まで聴いた


覚えている内容は(笑)

拓哉もギックリ腰になったことある。

さんタクで言っていた、うわぁと伸ばすのは
さんまさんにしか通じないから、ダメ


バリ島でダイビングのインストラクターが「キムタクです」と。

拓哉も一回行ったことある
彼らは日本のエンタメ系詳しい。


それから、サーフィンの話


幸せとは何か、漢字2文字で表現すると?
「全力」

こんな感じかな




今日は、キネカ大森で久しぶりに「無限の住人」を見てきた。

全席は埋まってなかったけど
私の目視では4割くらいが男性だったと思う。


もう、セリフを覚えるくらい何度も見てるけど、飽きない。

毎回、鳥肌立つし、うるうるもする。


そして「マグニフィセント・セブン」と2本立て。

こちらは、西部劇の復讐劇。

とある悪に立ち向かう為、最強の7人が集まるんだけど
その中にビョンホンもいた。

彼は、銃とナイフの二刀流で、
これは拓哉にもやってもらいたかったと思った。


拓哉の今の年齢で、あの鍛えた上半身にカウボーイハットとガンベルト

いやぁ、もうカッコいいし似合うでしょ。
あの西洋人メンバーの中にいても見劣りしないと思う。

みんな銃をくるくるして、カッコよかったし
最後までハラハラドキドキした。


いつか、こういう海外の映画にも出ますように。


そして、日本の時代劇と西部劇の2本立て。
絶対、男性好みの作品だと思うので
先入観でまだ見てない人に是非見てもらいたい。



愛ある映画館

目黒シネマの「無限の住人」を見てきました

入口に入るといきなり「無限の住人」関連の記事の展示が。

IMG_1110.jpg

上映は、1週間なのに
そのためにスタッフさん頑張ってくれたんだ


IMG_1111.jpg

階段の壁にずらっと貼ってあります

IMG_1112.jpg

拓哉と花ちゃんの出演映画のチラシ


劇場がある地下へ降りると

IMG_1123.jpg

当館のアーカイブ庫に貴重なものが多数あったので
チラシの実物を展示と。


IMG_1118.jpg

拓哉の映画


IMG_1114.jpg

奥には、大きい万次が。


IMG_1115.jpg

J Movie Magazine の記事の拡大コピーの展示

IMG_1116.jpg

大きな万次さん

IMG_1117.jpg

これも拡大コピーして、切り取って貼ってある
スタッフさんに仕事ぶりに感謝


IMG_1119.jpg

監督についてのパネルも


IMG_1132.jpg

ふと、壁の上の方を見たら、こんなものが
「あるよ。」



偶然にも映画の日だったので、1000円でラッキー
こういう単館でもそういうサービスがあるんだね


あの丸の内ピカデリーでの応援上映以来の
久しびりの万次。
改めてまた感動してしまった


そして、三池監督作品「十三人の刺客」との2本立て。
見たことなかったので、続けて鑑賞。

こちらも斬って斬って斬りまくりで、
2本連続で見たので、疲れてしまった。


吾郎が悪の殿役で出ていた。
日頃、拓哉にも悪役をやってほしいと思っているけど
酷すぎて、拓哉には
こういうのは演ってほしくないと思ってしまった・・・



おじさまなど、けっこう男性客も入っていたけど
まだ「無限の住人」映画を見ていない人に
もっと見てもらいたいなぁ


沖田先生のBlu-rayを見て
また万次にも会えて
まだ見ぬ最上さんを想像する

一度に3つの幸せ




ブログだと写真のサイズ限定があって、画像が荒くなるけど
ツイッターはそのまま載せれるから
記事も拡大すると読めちゃうことに気づいた(今頃・・)





応援上映会

「無限の住人」応援上映会に行ってきました〜

とりあえず、百均で赤のサイリウムを2本買った
でも、一人だし、どう盛り上がればいいのだろう・・
と思っていたけど、全然問題なし。
超楽しかった〜


会場に着いたら、ロビーは人でごった返していて並んでいるよう。

こんなに混んでる丸の内ピカデリーは初めて。


入ってみると、なんと拓哉から立派なお花が届いていた!
並んでいたのは、この写真を撮る列だった。

IMG_1013-2.jpg

IMG_1018-2.jpg


拓哉のお花
みんなが無限の住人が大好きなことが、拓哉にも伝わっていたんだなぁと感動し
また、応援上映してくれた丸の内ピカデリーさんに感謝の気持ちを
届けるなんて
さすが拓哉だわと二重の喜び



上映前に
「これから本編上映前に、予告編3本を流します」
(文章は合ってないかも)
とスクリーンに表示され
まず最初に「わ〜!」と会場が盛り上がった。

丸の内ピカデリーさんの愛に感動してウルっときてしまった。


そして、本編が始まる時に、近くの男性が
「ありがとう!ワーナー!」と。

この男性は、応援上映に慣れているようで
様々なシーンでずっと声を出していて
それが面白くて笑っぱなしだった。

無限の住人でこんなに笑うとは(笑)
涙がちょちょぎれたよ



百人斬りで、司戸菱安一人となったところで
会場は「あと一人!あと一人!」

当然、倒した時は、盛り上がり。



浅野の道場で、凛のお父さんの刀を凶が持っていく時
どこからか「泥棒はいけませ〜ん」

鯖人には「このロリコン野郎!」


万次がアップになったり、セリフを言うと
会場は「ふ〜!」「かっこいい!」


吐が武芸所をと天津に伝えるシーンでは
「騙されないで!」


閑馬の道場で「よっ成田屋!」


槇絵「お兄さん、ちょいと遊んでいかないかい?」
男性「はい❤️」
会場(笑)


槇絵が上から斬りかかろうとするところでは
「万次、上!」「上!上!」


槇絵が急に臆病になると
「え〜!こんなに斬っておいて?」


蟲には「頑張れ〜!」

万次が凛を助けに行く時、雑魚を殺った後
「腕!」「腕を忘れてるよ」


他にもたくさんあったけど、思いつくまま書いてます。



そして当然、一番の盛り上がりは
万次が屋根の上に登場した時。

あと槇絵が登場した時も。


最後、万次が倒れて、目を開けるまでは固唾を飲んで見守り
「木村拓哉」と出た時に
ぶわ〜っと一気に盛り上がった。


MIYAVIの曲で、サイリウムを振ってライブのように乗って
楽しかった〜


応援上映会をしてくれた丸の内ピカデリーさん
ありがとう


そして、お花を贈ってくれて
さらにワッツでも感謝の意を述べた拓哉

いつも私達に向き合ってくれて、
自分の言葉で思いを伝えてくれる拓哉のファンでよかった

「拓哉ファンは幸せ者だよ」(万次風に)




唯一のワッツは、眠くて夢の中で聴いていたので
あまり内容は覚えてない・・
また某所で聴かせてもらう


先週、丸の内ピカデリーでラスト上映を見に行き
最後は拍手で終わったけど
今週は、小さな映画館キネカ大森で「無限の住人」見てきた。

こういう映画館でもレデイースデーがあるのね
上映の1時間半前にチケットを買いに行ったら、
整理券は席の半分を超える番号だった。


お昼を食べ終わったら
職場が近くて、仕事が午前上がりだった旦那が
「もう一度見たい」と言ってきた。

席数、少ないからもうないんじゃない?と思いながら
上映前に窓口で聞いたら「立ち見になります」

そしたら「え〜?平日だぞ。え〜」と
立ち見はイヤと諦めて帰って行った。

ちなみに、わたしが家に帰ったら
旦那は何故かICWRのDVDを見ていた。


キネカ大森
実際に席がなくて通路に座って見てる人が何人かいた。
席はちゃんとしたシートで
始まる前は、スクリーン小さいと思ったけど
映画が始まってしまえば、スクリーンが小さいとは感じなかった。


なかなかよかったよ
気に入ったキマカ大森



そして、丸の内ピカデリーでは、応援上映が決定。

そんなにすぐに席が埋まるとは思ってなくて
仕事が終わって、のんびり座席を見たら
ほとんど埋まっていて、前の方しか空いてなかった。

うわっ!と驚いて慌てて予約した。

そして、約800席は完売し、追加上映も決定した。


なんか嬉しいな
リピーターも多いだろうけど、まだまだ見たい人はたくさんいる

ゴールデン時間帯のイッテQをみて見たいと思った人もいるだろうし
拓哉ファンだけではなくて、原作ファンなどの評判がいいのが
伝わってきたのかな

もうほとんど上映が終わってしまってからだから遅いけど・・・
ネガキャンされまくったことが、本当に悔しい


とにかく、満席の会場での応援上映を楽しんでこよう


万次のツボ

何回目だ?11回目の「無限の住人」見てきた
もう見に行けるの最後かな


ということで、色々好きなシーンをダラダラと。


モノクロのシーン
川で手を洗っている時に、八百比丘尼に声をかけられ
さっと身構える万次


100人斬りの万次の殺気、素晴らしさは
私の語彙力では語れません


「町、すまねぇ」と目を閉じる血に染まった手


凛が訪ねた時に、薪を切ってる後ろ姿のお尻と足首(笑)


「送ってってやるよ」と着物の袖を伸ばして持つとこと
凛をじっと見る横顔



黒衣鯖人に「薄汚え手で触ってんじゃねーよ」

凛に「泣いてる場合じゃねーぞ」

「俺の背中でよかったら、少しの間、貸してやるよ」

背中を貸してる時の万次の顔



凶に
「お涙頂戴の主人公はてめぇだけじゃねぇんだよ」


「悪いな、少し汚してしまった」
凛に刀を返すシーンの
水墨画のような背景と、万次と凛のコントラストが素晴らしい


「腹減ったな、団子でも食ってくか」
なんか可愛い万次


閑馬と座ってる時の万次の横顔アップの目が茶色くて綺麗


最初の閑馬との戦いの後
歩いていて倒れそうになって凛に支えられる時の虚ろな顔


凛を助けに現れて「凛に指一本触れてみろ」


「死ねるのか?俺たちも」
閑馬戦は血まみれだけど、月夜に照らされた片目が美しい

「なんで黙って刻まれた?」
「もう生きるのは疲れた」
万次の目の表情



「置いとくぜぇ」とお金を置く


三味線の槇絵の前を通りすぎる時、刀に置く手と
その通りすぎる時の横顔とちょっと斜め下を向くとこ


「凛、先に帰ってろ」と槇絵について行く時の万次の背中

「楽しもうぜ、ねーちゃん」❤️
この時も着物の袖をピンと伸ばす


刀を合体させて、くるくると回す

帯に手をやり、静かに睨み合う表情


槇絵にやられて座り込んでる時
凛が盾になってる時の表情


凛に手当てをしてもらってる時の逞しい裸❤️


「もうすぐ焼けるぞ、早く顔を洗ってこい」


「俺もそろそろ、そっちに行けるのかもしんねぇ
なんてな」


「この出所は?」天津が女装して高尾へという手紙を挟む指



凛の手当てをしながら
「あんな頭のイカれた奴に・・・バァカ」と
おでこをコツン


百琳たちに「天津だったら三十両」を表す指


「土産だ」と手だけ部屋の中に入れる気を遣う万次


回想シーン
黄金蟲が成功して笑顔の凛が万次を見て
その時の万次の表情が優しい

傘を差しながら、凛の方を見る万次の表情も



凛を探しに走って、雨を口に入れようと上を向いて舌を出す


雑魚達の戦いの後、腕がないことに気付き「めんどくせぇな」

「待ってろよ、凛」


凛のピンチに屋根の上に現れる万次

「よぉ、てめぇら」と飛び降りる時の脚


「それでいいんだ。お前に手あげる奴を叩き斬るだけだ」
不敵な笑み



300人斬りの途中で、一瞬、天津と見つめ合う万次


「凛、離れるんじゃねえ」



尸良に「刀捨てろ」と言われ「またかよ」の表情


崖の上から尸良に「来いよ」


尸良が掴んでる枝を切り落とす時の万次の目



「あのねぇちゃんにも感謝しろよ」

「てめぇの背中を見送る気はねぇぞ」


天津にトドメを刺そうとして、留まって凛に刀を差し出す


天津を追いかけていった凛を庇って刺され「凛・・」と
凛を見る表情



そしてラスト
「そこは兄様だろ、バァカ」

目を見開いて、イントロが流れて「木村拓哉」


ジャパンプレミアで拓哉が言っていたけど
この目を開くのは台本に載ってなく、拓哉のアドリブだそうです。

カメラが拓哉のアップを撮っていたので、目を見開いたら
そのまま使われたと。


このラストからのエンドロールの入り方は最高!
何回、見ても痺れる

目を開いたから、より印象的になった。


もう上映も終わると思うとまた見たくなるなぁ





あぁ、私は万次病(笑)

今日は、ふんどしを確認しに(え?)見に行ってきました(笑)

いつも露わになる太腿に、その奥が気になっていたけど(笑)
ふんどしが見えたという書き込みを見たので。

見えた、見えた

パンフでも見えてるのが、あれがふんどしなのかな。



何回見ても、冒頭の100人斬りと最後の300人斬りは
手に力が入る。



凛に背中を貸してる時の万次の顔が美しい


また、槇絵の三味線の音色の前を通り過ぎる時の
ちょっと斜め下を見る表情が色っぽい


槇絵の前に凛が現れた時の
後ろにいる万次の目もいいんだよなぁ


「動」の万次もいいけど、
時々見せる「静」の万次の表情もたまらんものがある


また、会いに行きたい
次はいつ行けるかな




PS
Mさん、万次は最高だし、次も楽しみですね。
私も複雑な気持ちは、わからないです(笑)




 | ホーム |  前のページ»»