宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


BG 5話

昨日は、山口智子さんとの映像が流れて
役では元夫婦だけど、楽しそうな撮影現場だなぁ



BGは、どの回もいいけど、2話が一番好きだった
そこへ、この5話がきた!


ボルトが落ちてきて
天井から何か落ちるのではないかと思っていたけど、
倒れた河野に手を握られ・・

あ、夢だったのか?
このことが、ずっと島崎を苦しめてる


元奥さんからは、瞬を育てたいとメール

瞬がベッドで寝てるから、お父さんはいつもソファーで寝てるのね


朝ごはんを用意するシャツの後ろ姿が素敵

「試合でも見に行こうかな」と
瞬とコミュニティケーションを取ろうとするお父さん

柱から顔だけ出してるの、LINEのスタンプみたい(笑)



サッカー関連のBGとわかって固まる島崎と
鋭い視線でみる高梨

そんな高梨はBGに島崎を指名すりけど
島崎はしどろもどろで、沢口を指名する


パソコン画面の河野を見る背中が、過去を物語っているよう


河野は、BGに島崎を指名し、戸惑う島崎に
理由も聞かずに、任務を断りましょうと言う大きな心の課長

「いえ」
と立ち上がった島崎だけと、沈黙が続き
ボディガードだったことを告白

BGチームの微妙な空気の中、
深々と頭を下げる島崎

しっかりやろうと切り替える素敵な課長



「ザッキー」と呼んでたんだ
当時、河野は島崎を信頼していたんだよね、きっと。

「出発まで見送ってよ、今度こそ」
島崎の表情が一瞬固まる


昔のようにペンを借りた島崎だけど、サインはしないという河野に戸惑う
そんな河野にしてしまったことで、過去の責任をより感じてしまったに違いない


愛子先生、島崎に声をかけるのかと思ったら、河野に声をかけた

「政治家って、知ってることがたくさんある」
愛子先生、何気に恐いわぁ


車の中で、河野と高梨の会話に
島崎は微動だにせず聴きつつ
目の動きで心理を表しているのが伝わる


空港に到着して、シートに固まったままの2人


高梨は「ザッキーさん」と呼んでるじゃないか(笑)


「出発を見送れとおっしゃいました
これは出発ですか!」

「あなたはスターでした
人に夢を与えてきた人間は、どんなことがあっても逃げてはいけない」

名台詞、出ました!
どんなことも逃げない島崎の中の人とかぶる


阿吽の呼吸でバッチを外し偵察に向かう高梨と菅沼


あの事故は、目の前の子供達を救った為に
クライアントの河野を守れなかった

「今はクライアントの命令に絶対服従を貫いています」
と説明する課長

目の前の命を守るのか、クライアントを守るのか
BGにとって難しい問題だよね

でも島崎は「今度は離れない、そうお約束しました」



「嫌ってるのではなく、嫉妬してるのでは」
愛子先生の落合への指摘は図星だったのかな


河野は自首するのかと思ったら、ボスに訴える
「こいつ許せないんで」
言われた時の微妙な島崎の表情


あー、ボコボコにされる島崎
自分からは手を出せないんだよね

「私をクビにしてください」
「とっくにクビだ」

その瞬間、朦朧としていた目が鋭くなり、覚醒し
次々と倒していく
カッコいい!

[騙されています」と言いつつ、河野を一発殴ってから連れ出す


落ち込む河野に
全てを受け入れようと黙って手を指す出す島崎の大きな手

逃げる河野を追いかけ
「今度は離れないと言ったはずです」

また心を開いたのか
息子にサインボールをあげた話をする河野
サインボール、部屋に飾ってあったね


連行される河野に、さっとペンを渡し、今度はサインする
そんな河野を見て、島崎が涙目に


「本当は恐怖心から勝てなかった。
子供達を助けたのは間違いじゃない。
最後まで送ってくれてありがとな。
じゃあな、ザッキー」

過去の自分を責めていたものから解放された瞬間
島崎が泣いている


そこへ「お疲れ様でした」と集まるチームBG

「ザッキーと呼んでいいですか」
「うーん、断る」

いいチームだなぁ


愛子先生、ザッキーの声を聞きたくて電話しちゃった

ちょっと放心のザッキー


このドラマに恋話は必要ないけど
先日の雑誌の拓哉とリリーの雰囲気がよかったからなぁ
なんて思っていたけど
元妻の南(違う)の出現で、愛子先生とはどうでもよくなった(笑)


落合、「村さん」と当時は慕っていたのかな

「あいつらの為ならとことん闘ってやろうと思える」
素敵な課長



予告の最後
何ですか、みんなで笑顔で「誤差なし」は?

6話も楽しみ〜



スポンサーサイト

BG 4話

やっと休みだぁ
帰ると寝てしまうダメダメな毎日だったので
ワッツも聴いてないし
今日は5話だというのに、やっと4話をリピ



「なぁ、今のお母さんだろ?」
なんか普通のお父さんっぽくて萌える(笑)


「どんなアレなの?」
元妻の再婚相手のことを素直に聞けない島崎(笑)


瞬に「関係ねーじゃん、とっくに離婚してんだから」
と言われて、鞄を落とす島崎
ふふ、ショックなんだ


「10歳若くて、超カッコいい」という再婚相手
見てみたいわぁ(笑)

カーテン閉められ、地味に凹んでる
元奥さんに未練ありそうだね




交代させられた愛子先生のSP清田さん、なんか可哀想


ははっ
「高梨さんもそれなりにオッさんですから」
って言われちゃった(笑)



愛子先生の任務、SPに見られたら、それでおしまい
あ〜ドキドキする


おかしいと気付いた高梨だけど
自分で知らせずに、受話器を菅沼に突きつける
素直じゃないんだから、子供みたい(笑)



「前代未聞ですね、SPが対象者を見失うなんて」
お、高梨、やるじゃん



落合も大変だ、上司に「何もありません」と嘘の報告


検問だ、ドキドキ・・・
あれ?いない


そうか
警備員をしていた経験から、トンネルの地下での移動

「人生、無駄経験などないんですね」


雨水がしたたり落ちて、躊躇する愛子先生に
ジャケットを被るよう渡す
もう、この時点で、素敵って思っちゃう(笑)


そして、階段でコケそうになった愛子先生の腕を掴んで、助ける

いやん、スローモーション
まるで、恋に落ちた瞬間みたい(笑)


「他人じゃありません、クライアントです」
島崎はあくまでもクライアントを護るんだもんね


愛子先生が、娘に会いたいと、本当のことを島崎に打ち明ける
島崎なら信用できると思ったからこそ。


「一目だけでも顔が見たい
それが本当の依頼なんですね」
真の任務を理解した島崎

フォーマルな服装に真珠のブローチにネックレス
さすが、いつも色んなことに気付く島崎


「誰にでも人には言えない過去はあるものです」
島崎は自分の過去のことを思ったに違いない



主賓の会長に会った後「ご苦労様」と言われたけど
「私の任務はまだ終わってません」

そうだよね
娘に会いたいという真の任務を果たそうとするのが島崎

SPの車を教会まで誘導

愛子先生の涙に、涙
ジーンとしちゃった・・・

「島崎さん、任務終了です」



さっきから怪しい人は、凶
違う、あのサッカー選手だったのか



高梨は島崎のことを「案外好きなのかも」
「あ、そう?俺も好きだよ」

あら、相思相愛じゃん(笑)



「上手いじゃん練習したんだ?」
息子とコミュニケーションを取ろうとするお父さん


元奥さん、仁美さん
「瞬のこと、ちゃんと話さないと」
って自分が会いたいんじゃないかなぁと思っちゃった



次回も楽しみ
って、もう今日じゃん(笑)


LINEスタンプも買ったし、楽しい
何回もボイスを聞いちゃう





BG 3話

ついに、Jプロもネット写真解禁
でも無制限ではなく、会見や舞台挨拶などに限られるみたいだけど
それでもいいと思う

拓哉のBGのLINEも
プライペート安売りではなく、ドラマに関することだから、いいと思うしね




さて、3話

ネクタイ緩めて、ビールを飲もうとする仕事上がりの島崎


瞬はボディガードをしてるお父さんのこと心配だよね


課長は
島崎と高梨は気が合わなそうに見えるけど
いいコンビになると思って
わかってコンビを組ませたような気がする


言葉を発しないで目で指示する高梨(笑)


一億円が旧札だったことにも気づいていた島崎
いつも色んなことを注意して見てるんだなぁ


社長が落とした携帯、ナイスキャッチ


「あの子の夢を叶えるのも社長の使命」
島崎はそれをも守ろうとしたんだよね


落合が、愛子大臣の警護のこと「相性も必要」と
島崎に多少なり影響されてきてる


犯人に「そこにいる二人は」
と言われて同時に身を乗り出す島崎と高梨


風船が割れた時の島崎の瞬時の動き


「なんなら、素っ裸になりましょうか?」
なって〜と思ったことは内緒です(笑)


社長の両隣に立ってる島崎と高梨がカッコいい



「BGの任務は社長と一億円を守ることでしょ」

接触してきたチンピラはグルだと思った高梨と島崎
気があったねー

キター!!
島崎と高梨の「誤差なし」


かのんも騙されていたのか


中の人と違って、島崎は高所恐怖症なのか
ん?島崎の演技なのかな


なんで、鞄そこに置く?

あー!

見事な柵越え(関心してる場合じゃない)

犯人達も駆けつけ、それを狙ったのね


鞄を落として、犯人達が気をとられてる間に
自ら這い上がり

「追加任務できました」
次々に二人を捕らえる一連の動き、お見事



警察で、二人で黙秘してる(笑)


島崎のことをよく思ってないけど、辞めることは望んでない高梨
気になってしょうがないんだよねー


落合はなぜ、民間のボディガードをそんなに敵視するのか?


あーあ、おっさんがソファーで寝ちゃってる(笑)
可愛いなぁ

わざわざ、寝てるお父さんのサイドに座って食べる瞬

ソファーから落ちて「がふっ」って言ってる(笑)
爆睡だね


愛子先生、自ら事務所に依頼に来ちゃったよ
これもSPの目を盗んで来たんだよね、落合さーん(笑)


また、来週も楽しみ


BG 2話

2話も面白かった
ハラハラ、ドキドキだけではなく、人間ドラマで感動もした



「裸足じゃ帰れませんよ」
最初からいい声💕


靴を手入れしてる背中💕


息子とのやりとりがいい

「ちゃんと片付けしておかないとGが出るぞ」

ひぇ、ゴキブリのことか(笑)


ジャケットを着て動きの確認していて、ぱっと振り返って
息子が見てないフリする
面白い!




「これでも歳だけは食ってるから」
それマイナスでしかないんですけど。と言われたけど、
その経験が生かされてくるよね



高梨が集めて壁に貼っていた写真の過去の島崎がカッコいい💕
っていうかストーカか?(笑)

「おっさん」と言われてるし。
そう言われると、何故か嬉しくなる(笑)



「片時も離れず、何処へでもお伴します」

こんなボディガードが付いたら、何処にでも連れ回しちゃう(≧∀≦)
わざと転んでみたり(๑˃̵ᴗ˂̵)
不謹慎ですいません(笑)



捨てられていた広告だったり
「いつも」お買い物してるらしい高級靴だったり
些細なことに気が付く島崎



菅沼とインカムで会話してるのが面白い



姿を消し違う出口から出てきた奥様を
「奥様、お車はあちらです」
とてもスマートな対応の島崎


不動産の男と会った後の奥様の様子がおかしいのも気付いた。
ボディガードは、警護対象者のどんなことにも注意を払ってるのね。
それは、元敏腕ボディガードだった島崎ならではだと思う



スキをついて逃げられた
まだまだだな、若いBGさん達(笑)

そこへ「どうした?」と島崎
おっさんBGの安心感


うろたえる菅沼達に
「責任なんて取れないよ!
うちらボディガードは一度失敗したら、業界より締め出されるらしい」

やはり、あの空港でのサッカー選手のボディガードの時にあった?


出た!「誤差なし」




あの不動産の男は、過去の被害者家族だったのか

きゃ❤️お姫様だっこ💕



邪魔するなと言われ
「しますよ、ボディガードですから」
落ち着いた口調の島崎


そして、流石のアクション

今回、多くの人がアクションを褒めていたみたいだけど
そういう人には「ロイド」や「無限の住人」も見てほしい



「その人も、その人も被害者なんだよ」
なんか、この言葉にうるっときた・・・



奥さんを部屋に促し
「奥様もご主人のバカなところを見たかったんじゃないですか」
と言った後の顔が凄く優しい顔で寂しげにも見えた



裁判官が本当の気持ちを語ろうとしたところを
「ここから先は奥様と」と何も聞かずに去っていく島崎がカッコいい


そして、裁判官夫婦のシーン、よかったな
感動しちゃった



最後、車で追ってきたのは愛子先生だった

SPに知られずに、会いに行きたい人って誰だろう?



「片付けてたのは、いつ死ぬかわからないから」
いつも反抗的な態度をとってる瞬だけど、そんなこと言われたらショックだよね
本当はお父さんのこと好きだと思うから。

「おやすみ」に対して遅れての「あぁ」
はにかむ笑顔の父親としての顔


何故、離婚したのか気になる〜


他のBG達も
とてもダメ警官だったとは思えない課長が、過去にSP落合と何があったのか
高梨は何故、自衛隊を辞めたのか
色々、気になる



そして、3話の予告!
橋の上のアクションをスタント無しでこなしたって報道があったけど
橋を飛び越えてる、ぶら下がってるよー

もう撮影は終了してるから、安心だけど、ハラハラだね




BGスタート

お正月からしばらくブログ放置だった・・・


ドラマ「BG身辺警護人」が始まった

毎回、視聴率は関係ないと言いつつも
たくさんのひとが見てくれると、やっぱり嬉しい


実は、試写会に当選したので
放送日に見るのは2回目

でも既に見ていても
放送当日は、なんかワクワク、ドキドキする

初見の簡単な感想は
クスっと笑える
ドキドキする
カッコいい
そして可愛いところもある島崎章


あ、舞台挨拶のレポは、詳しくJ-webに載っている通りです(笑)


上川さんがドラマの役もだけど
舞台挨拶でも、落ち着いて穏やかで、ユーモアもあって
素敵な方だなと思った



改めて、ドラマ

最初のサングラスで車を降りるシーンは試写会ではなかったので
直前番組だったのか


サッカー選手のボディガードで歩いてくるだけで
カッコいい
ボディガードに目が行っちゃうでしょ(笑)

卵を投げたファンに詰め寄って睨みつける島崎がカッコよすぎ
あの顔で睨まれたら固まるしかない(笑)


落ちてきたボルトが気になる
きっと選手生命にかかわることが起きたんじゃないかな

万次は唯一、凶だけは殺さなかったんだよね
時を経て凶を護ってる(←違う)


カッコいいBGだったけど
工事現場でヘルメットかぶると可愛くなっちゃう

そして、ちょっと情けない感じ

トレーニング始めて、体が痛くなるのも中年らしくていい(笑)

年頃の息子とのコミュニケーションがイマイチなお父さんがリアルでいい
ライライの時と違うね

何で奥さんと離婚したんだろう?
この奥さん役が誰か知らないって試写会の時に言ってた



男女共にビジュアル揃いの身辺警護課(笑)

保険のおばちゃん、追い返す時もカッコイイ


自信満々の高梨に
「怖くないやつと組むの怖いな」


スタジオで警備の下見してる時は、できるBG醸し出してたのに
見つかって、正座して怒られて謝ってるのは可愛い

座ったベンチが壊れて後ろに落ちちゃうとことか
痛そうだけど、笑っちゃった
こういうの上手いよね



みんなの指に輪ゴムが巻いてあるのは、何だろう?と思っていたけど
マイクを仕込んでいるのね

時計合わせて「誤差なし」


車を降りてくるところとか
スタジアムを見渡すとことか
胸をたたいて「私でもいいでしょうか」
「会長のお命は私達が護ります」

敏腕な頼れるBGらしく、カッコいい


上川さんと江口さんの過去に何があったかも気になるなぁ


爆発が起きて逃げる時にビビる後輩に
「プロなんじゃないの!」


記者のリュックに気づいた島崎、さすが。

大臣が派手な服を着てることもおかしいと思ってたと。

そういう観察力、判断力も、できるBGには必要だね


そして、アクション

蹴られまくられる島崎だけど

「よっぽど好きなんだね
裏切られたって思うのは期待してたからでしょ」

犯人の後ろで、指で、3、2、1とやるとこ好き

あの壊れたベンチ
武器にするのではなく、音を立て、犯人の気を引く

そして、記者を捕らえる
ここまでの一連の動き、カッコいい


用心棒の言葉の意味
敵から身を守る用心する為の棒

「丸腰だからこそ、人を護れる」
そっか、銃を出さなければ、相手もナイフを出さなかったかもと。

大昔に「丸腰でも人殺せんだよ」と言ってたよ(←違う)


カップラーメンに
「ネギ入れると美味しい」と食べ方を勧めるのは、中の人(笑)


島崎だけではなく、他のBGも過去に何かありそうだし
これから、ますます楽しみ




どの作品もメイキングは素晴らしいけれど
「無限の住人」のメイキングも素晴しく感慨深いものがあった


監督が仰っていた、終始万次であり続けたのは、演じる者に対する礼儀
まさに「すげぇ奴」


そして、メイキングは万次の太腿率高し💕(笑)



「三池監督のOKが早いので不安です」
拓哉的にはもっと監督にアドバイス、指導をしてもらいたかったと思うけど
監督の描く万次として完璧だったからのOKだよね


ウエットスーツを着ないで、ぬかるみに入り続け
上がった時に、太腿が真っ赤になってた


どんなに足場の悪い山の斜面でも、いつでも裸足に草履


この現場でお誕生日を迎えられて、よかった


「当分会えません」と言う花ちゃんが可愛い



若手俳優が全員、拓哉に「学ばせてもらった」と言っている

現場での在り方もそうだと思うし実際にアクションをアドバイスしてるシーンが多々見られた

確か、「武蔵」の時に香川さんが言ってたと思うけど
受け身が上手いから、相手が強く見えるんだよね



映画では微塵も感じないけど、
演技してない時に、手がガクガク震えていた
息の白さも寒さを物語っている




メイキングで、本編にないセリフ、アクションがあった
万次が凛と剣の稽古のしてたり
天津と凛のシーンでのセリフとか


花ちゃんのクランクアップ
自然に拓哉に抱きつく感じがいいな
その後、拓哉を見上げる花ちゃんの顔がね、女の子


槇絵戦で武器のタイミングが合わず、何度もテイクを重ねて
成功した時も自然と抱き合って喜ぶ

どちらも、いい関係性を垣間見た感じだ



鯖人のクランクイン
中の人、全然雰囲気違う(笑)



300人斬りで建物から飛び降りるシーンで
凛を片手でヒョイと持ち上げてた



冒頭の100人斬りで、映画では足元映ってなかったけど
やっぱり刀を足で蹴り上げてたんだね


この頃は、脚を痛めていたから
カットがかかって、柱に掴まっていた・・



売り上げもレンタルも好調のようだけど
このメイキングも多くの人に見てもらいたい


海外でも好評で
映画館で見なかったことを悔やんでる人もいたけど
ホント、この作品はスクリーンで見てほしい作品だったな





共演陣

最近、仕事のトラブル続きで忙しく、萎えていたところに
ドラマ・BDの共演者発表!

江口洋介さん、川上隆也さん、斎藤工さん、石田ゆり子さんなど
嬉しい俳優陣

なんか、江口さんとはNGみたいな記事があったらしいだけど
元々、プライベートで親交があったよね〜

斎藤工さんは、スマスマのコーナーで一緒になってからは
お薦めの映画などメールする仲だし(ヤマトのこと忘れてた)
上川さんは、ミスブレで共演してるよね

石田ゆり子さんもお久しぶりだし
菜々緒さんは、アライフではあまり絡みがなかったけど
今度は同僚だから、がっつりあるかな

しっかりした俳優さん達と、どんな化学変化が起こるだろう

まだ、マスカレードホテルの撮影中だと思うけど、
クランクインが楽しみだね

ドラマの前には番宣もあるしね
何に出るかなぁ

海に行く暇ないね(笑)


あ、来週は無限の住人のBlu-rayも発売だ!



復讐劇

先日のワッツは、始まる前から眠くて
始まってからも、うとうとしながら一応最後まで聴いた


覚えている内容は(笑)

拓哉もギックリ腰になったことある。

さんタクで言っていた、うわぁと伸ばすのは
さんまさんにしか通じないから、ダメ


バリ島でダイビングのインストラクターが「キムタクです」と。

拓哉も一回行ったことある
彼らは日本のエンタメ系詳しい。


それから、サーフィンの話


幸せとは何か、漢字2文字で表現すると?
「全力」

こんな感じかな




今日は、キネカ大森で久しぶりに「無限の住人」を見てきた。

全席は埋まってなかったけど
私の目視では4割くらいが男性だったと思う。


もう、セリフを覚えるくらい何度も見てるけど、飽きない。

毎回、鳥肌立つし、うるうるもする。


そして「マグニフィセント・セブン」と2本立て。

こちらは、西部劇の復讐劇。

とある悪に立ち向かう為、最強の7人が集まるんだけど
その中にビョンホンもいた。

彼は、銃とナイフの二刀流で、
これは拓哉にもやってもらいたかったと思った。


拓哉の今の年齢で、あの鍛えた上半身にカウボーイハットとガンベルト

いやぁ、もうカッコいいし似合うでしょ。
あの西洋人メンバーの中にいても見劣りしないと思う。

みんな銃をくるくるして、カッコよかったし
最後までハラハラドキドキした。


いつか、こういう海外の映画にも出ますように。


そして、日本の時代劇と西部劇の2本立て。
絶対、男性好みの作品だと思うので
先入観でまだ見てない人に是非見てもらいたい。



 | ホーム |  前のページ»»