宣伝!


プロフィール

ちょいワル妻

Author:ちょいワル妻
ロック好きの私が
ハウルをきっかけに
木村拓哉に嵌ってしまいました。
今や妄想までする始末、、、


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


カンヌ話

今週は大スクリーンで上映中の丸の内ピカデリーで
「無限の住人」3回見てきた
やっぱり大きなスクリーンはいいなぁ

でも、夕方や夜の回だから、けっこういつも空いてて、
せっかく大きい箱なのに、もったいないなぁ
たくさんの人に見てもらいたいのに。




ワッツでは質問が多かったスマホカバーについて。


「あちらのカバーは夜中ネットショッピングできる番組を見ていて頼んだ」

「使い勝手が個人的にはよくて」

「このケースの場合、車の中で
置いた時に滑らない」

「ケツポケットにちょうど入って、一番上の出っ張りがポケットに引っかかる」

「服に入れた時も滑らないので、落とすことない」

「iPhone、7まで行ってるでしょ?
8も出る。もう追いついていけない 」


カンヌの時にはカバー外していたね(笑)



そして、カンヌ映画祭について

「カンヌ映画祭に参加させていただきました」

「招待作品として選んでいただいたことも嬉しかった」

「監督と杉崎さんとレッドカーペットを歩かせていただいて
感極まった」

「気持ちの上では、全スタッフ全キャストのことを
思い浮かべながら歩いていたら
ジーンと来てしまって」


「迎い入れてくださった時点でスタンディングオベーションで」


「客席と共有する感じがありましたね」

「冒頭の5分くらいで、地面に屍が広がった映像で
その瞬間に歓声と拍手がぶわーって」


万次が登場するシーン
「拍手と歓声がおこって
映画なのでスポーツ観戦みたいだなと思いました」




会見の時の花ちゃんと拓哉の衣装
「ブルーとピンクのテーマは何も」

衣装を担当したユウヤ
メイクのケイスケ
「もし海外の映画祭に行くことになったら
その時は必ず一緒に行こうな」と約束


「タキシードだったり、取材の時のスーツはユウヤに任せていった」

「タキシードはトムフォロードさんのプレスルームにお邪魔して
サイズ感を仕上げてもらった」




F1ドライバーでは誰が好き?というメールで

「実はですね
なんとですね、海外のプロデューサーに
上映日の翌日、パーティに誘ってくださって
ニキラウダ、伝説のドライバーがいらっしゃった」




台湾で「若者のすべて」放送されてファンに
日本語勉強して日本で仕事してるとメール

「思いを全て行動に移した、凄いなと思います」


「僕も体当たりの英語で過ごしてきたんだけど
ちゃんとオフィシャルに話せるようになりたいなと思います」





「GOOD LUCK」きっかけで、パイロットを目指そうとしている大学生


「嬉しいですね
自分が体現したことがみなさんの人生の一部になる」


街で女性に声をかけられ、
友達の息子がGLを見てパイロットになると勉強してるので
サインを書いてほしいと。
「サイン書いたばっかなんですけど」

「男子に届きやすいものなのかな」


拓哉のドラマに憧れる男子は、GLに限ったことではないよね



今回のワッツは、カンヌから帰ってきてからだったんだね
カンヌでの感動した様子が伝わってきて、本当によかった

体当りの英語って言ってたけど
ちゃんとインタビューを聞き取って話せてるんだから
大丈夫でしょ


栄光のカンヌから戻ってきて
くだらない叩き記事とか目にしませんように(無理か・・・)



スポンサーサイト

ふんチラ

カンヌの会場の上映後のスタンディングオベーションとか
海外メディアの評価も高くて
もう嬉しくて、涙、涙

三池監督が、万次は拓哉じゃないと撮らない
とオファーしてくれて、よかった



ワッツの金曜日は、早朝からカンヌのライブを見ていたからか
ワッツ前に爆睡してしまって
気がついたら、とっくに終わってた(笑)


で、今頃、ワッツ

テレビで、納豆は混ぜてからタレを入れるのがいいと。

「これは、愚問ですね
だめですよ、先に入れちゃ」

「回すお箸が辛くなるくらい
1分はいくかな
白くなってきたら、初めてタレを入れる」

「蜂蜜漬けの梅干しを入れるのが定番
カラシはあんまり入れない」



これは私もテレビで見た
それで先に混ぜてみたけど、混ぜにくかったよ(笑)



明石家電視台
あかしやテレビと読みますと指摘

「これなんで、オジキは言ってくれないんですかね?」


私も知らなかった
っていうか関東の人は知らないよね?




検察側の罪人について

「これはポロリできないでしょ」

「原作は読んだけど、脚本はまだ読んでない」

「あれ?検察?
ちゃらんぽらんな検察はやったことあるんですけど
違う角度からの検察になると思います
かなり重量感のある検察の物語でしたね」


「原田監督といえば、日本の一番長い日
あれは独特な、これを映画にするって凄いな」

「ニノと共演できるって
テレビドラマとか凄いじゃん
ちゃんとやってる人」

「現場でどんな感じになるんだろう
恥ずかしいですよね
どんな空気になるんだろう」


ちゃんと後輩のドラマも見てるんだね
そして後輩でもきちんと評価する人




これ以上、歳を取らないなら、いくつで止まるのがいいですか?

「止まってほしいとは思わないかな」

「言うなれば
70歳くらいになった時にピタッと止まるって
そこまでいったら色んな経験していそう」

「僕、歳上の先輩達の知り合いが多いので
そう人を感じたりすると・・」


「万次は正直辛いと思いますよ
凛が現れなかったら、あいつどうやって毎日を過ごしていたんだろう
と思うとぞわっとしますね」




汚れた着物はどうしてるんですか?
川で洗濯してるんですか?

「万次的に答えるとすると
家の真横に川が流れてるので
凛に向こうをむいてろと言って
川で揉み洗いするんじゃないかな」


「木村拓哉として答えると
あの着物は衣装部屋に1合から10号までありましたね」

「斬られまくる時は、5〜6号が出動して、現場でそのままズバッと切って」

「最終的には全部10号使いました」



「ツイッター上で話題になっているふんチラ」

「あれはらしきものをほんとにしてます」

「色は水色だったり灰色だったりしなくね?とつっこまれてますけど
あれは毎回同じものグレーのものをしてます」


ひゃー、ツイッターも見てるの?
ふんチラのことを知っていた(笑)



凛と出会った時、何を食べているのか?

「笹野高史さんからも
旦那様あれは何を召し上がっていたのでしょうか
とメール」

「スズメです
本物のジビエ料理屋さんから食用を仕入れてくださって」

「テストで食べてみたら、
硬くて食べるところが少なくて、噛むと骨に当たって・・」

「味はお薦めしません」




辛口の女どう思う?

「イヤなことを口にしてしまうんですか?
嫌いじゃないけど、ケガは多いだろうね」

「わかりやすい嘘だなって言ってる子よりは
本心を言ってる子の方が好きゾーンに入る」


万次モードでどんどん斬ってくパターンもありかな
「いくらでもかかってきなさい」



ヤフーは見てるって前からよく言ってたけど
ツイッターまで見てるとはね

ネガキャンのことも知ってるみたいだし・・
でも、映画を見た原作ファンの人達の嬉しい感想も見てたらいいな


ニノについても
ファンが事務所が、後輩がと叩いてるのを知ってて、話したんじゃないかなと思う



笹野さんの映画の感想も聞きたいけど、
ケンケンとか見てないかなぁ
絶対、熱く語ると思うから、感想を聞いてみたい(笑)






最近、レコーダーの調子が悪くださって、壊れたら怖いので
溜まりに溜まった録画を整理してディスクに落とそうと思ったら、
完全に動かなくなってしまった・・

リモコンの電池を入れ直しても動かないし、
本体の電源を抜いて入れ直しても動かないし
え〜!アライフからのたくさんの録画がぁ、ショック・・・

とりあえず、サービスセンターに電話したら、
どうやらリモコンが壊れてるらしい。
本体は無事のようでホッとしたけど、リモコンがないと何もできない・・




毎日、無限の住人のことで頭がいっぱいで、
ワッツを忘れそうになった(笑)



食わず嫌い
以前のワッツで白子が嫌いって言っていたけど?

「白子はかなり前に大丈夫になりましたね」

「ほんの一時期
映画ハンニバルを見た時、当分食えないだろと思った」


「インゲンは基本ずっと嫌いででしたね」

「ぎりぎり食べられる
嫌いです」

「口の中がキュッとなってボワンとなる」




火曜サプライズ
コーンポタージュにクロワッサンをつけて食べていた

「楽しい時間を過ごさせてもらいましたよ」

「あれ、本当に出演者まかせなんですね」


クロワッサン
「できたてのアツアツで、そのまま食べたらヤケドするんじゃないかなって・・」

「冷ました感じです
それでつけていただいた」


「クロワッサン食べると、ぱらぱらばらって落ちる
あれが苦手で、つけて食べることが多い」





徹子の部屋

「始まる前、黒柳さんとも普通に談笑して、
カジュアルに受け入れてくださって」

「始まってからの方がハプニング的な要素も含めて楽しかったです」


「びっくりしたのが、編集しない」

「最後にエンディングテーマが流れて、あ、終わるんだ」




マツコの夜の巷を徘徊する

「ロケに出発する前に、楽屋に挨拶に行ったら
メイク中だったけど、普通のテンションで話をしましたね」

「同級生というか同じ学校に行っていた」

「妙な安心感ありますね」

二人で番組
「タイミングが来たら、そういうことも楽しそうだな」


テレビに映ってない時、
「急に女に戻るんですよ」

マ「一度は添い寝をさせて」
拓「いつでも」
マ「私が言ってる添い寝はそういうことじゃないからね」


「いつでも」だって〜
でも添い寝っていうか、襲われそう(笑)


この「夜の巷を徘徊する」のエピソード
ワッツの公式では、ごっそり抜けてるんだけど、
何かまずいこと言った?




無限の住人の感想
「待っておりました」

血糊の味は?

「味は、基本、2通りあったような気がする」

「一つは衣装に乗せても大丈夫な美術用の血糊
これは肌につくと落ちない」

「イチゴ味の血糊、基本多いです。
出演者が顔に付けたり、口に含んだりする」

「イチゴの匂いはしません」

「落ちやすいとかあったらいいですよね」




試合の前に映画を見て、モチベーションが上がり
空手の試合で優勝し、日本代表になった

「これは二周三周の喜びがありますね」

「これは応援したいな
ワッツ全体で応援しますよ」




初デートで無限の住人に行くことに。血が苦手だけど大丈夫ですか?

「大丈夫じゃないと思う」と言いつつ、
「やだぁと握れまくれます」



あぁ、万次と中の人とのギャップ(笑)


そして、槇絵や尸良や、凶がテレビドラマに出てるけど
みんな違う顔してる(笑)




拓哉って、よくアンチの巣Yahooを見るって言ってるので
ツイッターでは、原作ファンから好評だよということを
ワッツに送っておいた(笑)



さんタク放送から約1ヶ月
一人で二人分の反省会


腕時計、スタジオトークでは右、付き人の時は左
どちらにするか決めてますか?

「今は・・左だ
決めてないです」

「今日は作業多そうだなって時は左に付けるかな

「車の運転も手作業のない時は右に付ける」



「さんタク当日の放送見れてない。
食わず嫌いで久しぶりにフジテレビにお邪魔した時に
DVDを貰ったけど、まだ見てない」



ワッツっぽいパーカー

「さんタクのトーク部分になると毎回お願いしてる野口強さん」

野口さんは出張中だったので、スタッフが2パターン用意した中から選択

「ロケ部分は私服が多い」

「付き人は衣装部さんが用意した黒スーツ」

「私服率は高い
船に乗ってた時は私服」




ヤンタンで道重Tシャツを渡していた話

「たぶん貰ってないと思う
缶バッチは貰った」


ヤンタンのスタジオを後にし、エレベーターに乗った時に
「さんまさんの現場マネージャーのリュックに付けときました」


それって、貰って困ったからじゃ?(笑)



ロンバケのロケ地
船上から見た感じはどうでしたか?

「まさか船の上から見るとは思わなかったので」

「川沿いに存在している堤防は残っていて
なんか、あの堤防、けっこうジーンときましたね」


「この間、名古屋方面に行かせてもらった時に
新幹線って新横浜止まるじゃないですか
横浜プリンスの横のアイススケートリンク
そこはいつも反応する」



歌筋、落ちていなかった
歌い続けてほしい

「いやいやいや、落ちてましたよ。久しぶりにさんタクでやって」

「歌う前は、整った環境じゃないし、風が強かったら厳しいだろうなと思った」

「非常に緊張したんですけど
そういう機会があったらとか言うと
ロスから、俺いるっしょって連絡がきそうなので」

「存在証明が流れると、口ずさむ自分がいる」


「あさイチで、三浦さんのパフォーマンス
踊って歌うってスゲーなと思いました
かっこよかったなぁ」


それをあなたもやってましたからね
自分のことは置いておいて、人をリスペクトする人だよね、拓哉は



「次回のさんタクがあるとしたら
いい加減海外とか、どうですかね
正装して」

「台湾とかマカオとか
マカオ行ったことないんですよ」

「次、いつなんですかね
シーズン的にも不透明」



さんタクがあるだけで嬉しいけど
海外も行っちゃって〜

でも、もし、次の次の作品の撮影が入ってて、ロケに行けない
ってことになったら、それはまた嬉しい(笑)




PS
Rさん、次の発表びっくりしましたね。
今までの乾期はなんだったんだ(笑)
監督のオファーが通りやすくなりましたね








特殊メイク

無限の時間が欲しい

嬉しい怒涛のテレビ出演をじっくりゆっくり味わいたいけど
時間がない



とりあえず、ワッツ

街で拓哉を見かけた美容院に
「男性のお客様もお気軽にどうぞ」と拓哉の写真

「ありがたいですね
ちょっと照れくさいですけど、嬉しく思います」


「福岡の空港の目の前に巨大なタマホームの看板がぼーんとある
あれは嬉しいけど、凄い照れますよね」



歯医者でどこを見てますか?

「開いてると目が合うもんね
斜め下あたり見てるかも

「痛かったら左手上げて下さい
左手上げても気付かない
いてっと思った瞬間に、きゅっと目を閉じると、気づいていただいたり」



歯磨き粉の量

「僕は絶対的につけたいです
つけすぎじゃねと思われるくらいつかたくなるタイプ」

「ブラシがシャリだとしたら、ネタくらい乗せたい」



胃カメラの経験は?鼻派?口派?

「ありますよ、やったこと」

「もう1年くらいやってないよねって言われて、やってますよ」

「今は口派です」

「初めての鼻から胃カメラ
産まれて初めて鼻血が出て、副鼻腔炎になってしまった」

「軽く寝てる間に終わっちゃうよっていうのは楽ですよ」




無限の住人、公開まで一週間

京都でのトークイベント
杉咲花ちゃんをエスコートしようとしてましたか?


「杉咲さんがソールの分厚い靴を履いてて、フォローしようかなと思ってました」

「彼女が階段降りられるか確認して
ヤバそうだったら手を出そうかなと思ってました」




満島真之介が熱い挨拶をしているとテレビで

「僕がされた朝の挨拶は普通のおはようございます」

「いつもニコニコしてる印象が強いかな」


自転車で日本一周
「どこかみんなとは違うよね
なかなか魅力ある」



メイクについて
「特殊メイクは、クランクインして一週間くらいは
約1時間15分くらいかかったかな」

「僕の顔に合わせて作ったプラスチックマスクを3パターン用意する」

「傷メイクのつながり
毎日同じ特殊メイクが施されるように」

「撮影が慣れてくると、特殊メイクも僕も覚えてきて
40分くらいで終わりましたね」

「毎日作業してくれたメイクさんには感謝してるなぁ」



「全国のキャンペーンで映画館のスタッフの人達が
手作りでイラストを描いてくださったり、迎えてくれるけど
どこの映画館行っても嬉しかった」

「熊本行った時は嬉しかったな」


MIYAVIの存在証明
拓哉の曲紹介がカッコいい

そして、この曲を聴くと、無性に万次に会いたくなる

もうね
私の好きなキャラクターに、万次はトップに躍り出たかもしれない





植P 2日目

関西の番組ちちんぷいぷいを見させてもらって
やっぱり地方の番組はいつもいいなぁ

福島アナのインタビューがよかったな

残虐な殺しを凛に見せないようにした袖
そういう所作をさりげなくやる拓哉はさすがだし
万次の優しさを垣間見れると思うと楽しみ

福島アナがそのシーンを絵に描いてくれて、
拓哉も嬉しそうで、よかった




さて、ワッツ

京都のイベントについて


「火曜日サプライズの番組のロケをした」

「アポなしグルメロケで
とんでもなく美味しいお肉をいただきました」

「民家の一日3時間時間営業しないっていうお店」


イベントの内容は
「京都に対してありがとうというイベント
たくさんの人が集まってくれて、緊張しましたね」

その後、映画館の舞台挨拶が終わり次第、車で大阪に移動


「行きまくってますよ、色んなところに」



先週に続き植P

オペナースの器械出しのお手本教材とします。というメール

「キムコンビ」

「文乃ちゃんが、オペナースに真摯に向き合ってくれたのが
とても嬉しくて」

「柴田さんがバシッと手にどんぴしゃに出してくれたのが
沖田の自信になっていった、撮影してても」

「沖田がやっていたのではなくて
オペナースの柴田さんが沖田をそこまで持っていってくれた」


「シアトルについて来てくれたなかったんですよぉ、柴田さん〜」

拗ねてる〜(笑)



最後のシアトルのシーン
「その日初めて会ってハローって言った人が
グローブ出してくれてるんですけど」

「その日は医療指導の人誰も来てくれてなくて」



「打ち上げの席で技術部から話を聞いてゾワっとした」

中山さんが
テレビドラマの撮影方法ではなく、映画と全く同じ方法でやりたい

シアトルのシーンは
「映画の撮影の方法であのシーンを撮った」

「空気感があそこだけ違いましたね」




診療放射線技師を目指して勉強してる大学生からメール

植P
「僕らが出会ったお医者さん達、苦労して来たって言わない
全員高い意識を持っていらっしゃる」


技師さんのこと
「アライフをやった後なのに、再認識しましたね」

「設計図を渡してくれたのは技師さん
こういうところも描かれてないんだよ」


ドラマの中で映ってるのは
本当の技師さん

「大学の勉強が20だとしたら
現場で覚えることのほうが100あると思う」




治療法がないという病気という子からメール
沖田先生は希望の光


「病を請け負うのは患者さんですからね
それにどうサポートしていくかっていうのが医療従事の現場」

「本当は言ってはいけない言葉だけど言っていこうって
脚本家の橋部さんと、植田さんと瀬戸口さんと話した」

「大丈夫
お薬より何より一番その言葉を待ってるんじゃないかな」


「アライフ自体は一区切りしましたけど」

ん?「一区切り」って言った?



最後、植P
「こんばんばん!」

あはは、言ってみたかったって(笑)



これだけ、よいメールを植Pの
前で読んだんだし
続編を希望してる人が多いってこと、植Pもわかってるよねぇ


無限の住人に心が持って行かれてるけど
また、アライフをリピしよう




植P

イベントだ、試写会だ
と「無限の住人」で、浮かれていたところに
ワッツでいきなり、「A LIFE」の音楽が流れて
また、引き戻された


3月最後のワッツ

ゲストは、植Pかぁ
あ、ごめん(笑)
文乃さんかケンケンを期待しちゃったから

でも、楽しかった〜
そういえば、ロイドの後も植P、来たよね?電話だっけ?


もう2人の会話が弾んでいて、書ききれない


「リスナーのパトロール、ハンパないですからね」



携帯を開く時、最初は親指で解除
2回目は人差し指でしていた


植P、ラジオで言ってダメな話(笑)

「沖田先生はロックかけている
柴田さんに
「深冬と今でもイチャイチャしてないか?」

なに言ってんの?植P、ウケる(笑)



シアトルに戻る前
壮大の部屋のハンガーに肩をぶつけてますか?

「撮影部のチーフ中山コウイチさんが作り込む芸術肌の方」

「わざと肩に当たった方が、ハンガーが揺れる
揺れてるハンガーに目が行くはずだ
その先に壁の穴が塞がってる」


確かにハンガー揺れてると思ったけど
え〜、穴が塞がってるの?


「ぶつけに行ってるのに、リハでスカッて」



チョコを食べた時
カカオ70%を食べて「甘っ」と言っていた

「台本には書いてなかったですね」

「いきなり沖田と壮大が向き合っていて
照れがあったというか」

「食べてもいいなと思って
カカオが70と80があって
チョコレートに気持ちがない感じ」

「チョコをパキッと割って渡せる人って、近い存在」


「壮大が食べてるチョコは高級だぞ」

「今いただいたカカオ70のチョコレート、苦いです」

「あの副院長室にあったのは、甘い」


植P
沖田だったら、壮大に渡すために、「甘い」って言って渡した
「甘っ」だったら、渡す感じがして凄いセリフだなと

「なんで公に褒めるんだよ
公に褒められるの嫌いなんで、やめてください」



9話の焼肉屋「壁にパンチ禁止」

「これは実際にロケ先の壁に穴が開いていた
張り紙は、スタッフの粋な計らいです」


2種類を用意していた
演歌歌手のポスターとプロレスラーのポスター




最後のお姉さん
彼の部屋で、巨乳のセクシーDVDを見つけてしまった
どうしたら?

「よく見てるやつでしょ?
どう思います?よく見てる人として。」

植Pは、ファンタジーだから見逃してほしいと(笑)


アライフのDVDの告知する植P
「言わされてる感、ハンパない
せっかくだから、来週も来てください」


笑ったぁ、楽しかった





A LIFE 質問

朝、流れた万次の映像が、かっけ〜❤️

そして公式の予告映像「絶対、守る」編もカッコいい❤️

凛のおでこをコツンとやってるとこも好き💕


そして、雑誌祭り
もうLOADEDが、表紙からヤバい❤️
中身も、特に22ページ
大人のシブい色気がムンムンです



そんな中、ワッツだし
あ〜忙しい(笑)


ひゃー、いきなりA LIFEの音楽
「無事に走りきることができました」


めちゃ来た質問
「ピン曲がってるよ」はアドリブですか?


「いつか言わないといけないなとずっと思っていた」

「撮影中、意図的に曲げてるって知らなかったから、
曲がってるよって言ってた」

「別れる前に言っとこうかな」

「その後の羽村先生とのシーンではまっすぐになってる」

「僕と彼(タッド)との間にプランニングした流れ」



細かい質問
沖田先生は何故、白い靴下なんですか?

「オペの時は基本白い靴下」

「私服の時はほんのちょっとアイボリー
衣装部から渡されてのを履いてるだけ」

「持ち道具の宮崎さん、彼女は仕事ができる人」

「沖田が普段履いてる革靴はオールデン」

「オールデン専用の靴下にした方がいいですと衣装部に指示」



一途一心
天野教授の座右の銘

「僕自身も知ってましたね」

「台本読んだ時に、あれ?と思いました」

「大好きな言葉だったので
自分自身の中でも好きな言葉としてランクインしましたね」

「この言葉をこれからも大切にして行きたいと思います」



オープニングのリンゴの意味は?

「あれって莉菜ちゃんだよね」

「僕も考えてましたからね
どういうメッセージなんだろう?」


「母ちゃんの仏壇に花を変えに行った時、リンゴ買ってる
母ちゃんの好物の食べ物」


1話か2話の実家に帰った時
「コタツの上の果物置き場にリンゴ置いてる」


「最終回の台本3回、書き換えられている」


「土手で莉菜ちゃんに花を貰って
リンゴをお返しに渡して
オープニングに繋がるという設定」

「撮影稿でそのエピソードがなくなっていた」




一番キツかったことと、医師役でよかったと感じたこと?

「終わらなくてもいいのにな
と普通に思いました
もっとやっていたいなと」


「昔のドラマってけっこう長くやってませんでした?
全24話
それくらいやってもよかった」

「もっとたくさんの患者さん診たかった」

「描ききれなかったことが、いっぱいあるんだろうな」

「実際の医療従事者の人達と向かい合うことができて
凄いよかったですね」


キツかったのは
「ぜんぜん勉強してこなかったヤツが医者の役をやると
普段使わない医療用語がね」



今後やってみたい役は?

「普通に、漁師とかやってみたい」

「イメージよりもっと過酷だと思う
あ〜いうノリって嫌いじゃない
漁師どうですか(笑)」



「一緒に走り抜けてくれて共演者、スタッフに感謝しかない」

最終回
「打ち上げの現場でみんなで見れた」


「感謝しかないですね
見てくれた皆さんにもやりがいを与えてくれて
やりきることができました」



あっという間に終わっちゃった
時間が足りないから、曲かけなくてもいいんじゃない?(笑)


「来週、紹介するのに俺一人でいいのかな
誰か呼んできます」


わ〜い、ダブル木村かな
ケンケンも呼んでいいよ



まだまだ沖田先生と万次で行ったり来たりだよ




 | ホーム |  前のページ»»